中国在住のダメ絵描きナリ 


by champlus
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
中国からでは接続規制されている為、通常の状態ではエキサイトブログ
に接続出来ないので、新しいブログを開始しました。ブログのタイトルは、

【ついカッとなって。もしくはバールのようなモノで。】
http://champlus.blog113.fc2.com/

です。よろしくお願いします。
                           2009.11.17 Champ+
[PR]
# by champlus | 2009-11-17 21:52 | 寝言 (72)

■ 暫し

エキサイトブログを使い始めて1年半。しかしそのうちの半年間は、中国からの接続規制により、アクセス出来ない状態が続いています。串を使えば更新自体は出来ますが、皆さんが書き込んでくれた書き込みに対して、レスをするのが非常に大変で、それが可能な串を探しても、なかなか見付かりません。

規制はエキサイトブログだけでは有りません。他にも多々有ります。自分が中国に来たばかりの頃は、ジオシティーにも、Googleにも繋がりませんでした。現在では繋がるようになりましたが、そう考えれば、いくらか規制は緩和されたかのように感じます。しかし今も中国において何かの事件が起こった場合、その情報を中国人民に知られたくないらしく、海外のニュースサイトや掲示板などが、ことごとくアクセス規制の対象となってしまいます。

このエキサイトブログは中国語のフォントを使うコトが出来ます。英語や日本語なら、読めない中国人には何が書いて有るのか判らないかもしれませんが、中国語をそのまま使えるエキサイトブログでは、人民が読めてしまうワケです。本当のコト、中国政府が隠しておきたい現実、事実を知られてしまうのです。だからこその接続規制。

実際、そうでもしないと統制しきれないのでしょう。中国には、まだインターネットは早すぎたのかもしれません。日本のように段階を経て新しい文化に触れる場合は大きな恩恵をもたらしてくれますが、中国にとっては時代の急な波に押し流されて、大きな災いを生む文化なのかもしれません。

ソレは親が子供に対する行為と同じように見受けられます。全ての情報は政府の許可を経てから人民に知らされます。個人で情報の発信できるインターネットを除き、新聞、TV、ラジオなどのマスメディアは政府の許可無しに勝手な報道は出来ません。自立した大人なら規制を掛けられずとも、自ら考えて行動するコトが出来ますが、どうやら今の中国では、ソレが無理なようです。

今の中国は様々な問題を抱えています。金融、不動産価値の急落、領土問題、人権問題、人種問題、民族問題、失業問題、富裕層と貧困層の格差、兵器輸出、環境汚染、食の安全危機、人民元切り上げの余波、汚職とワイロ、、、ちょっと思いついただけでもコレだけ有ります。詳しく調べたら、この程度では済まないでしょう。

今の中国は激動の時代です。古い体制から抜け出せるかどうかが今後の課題の一つになるでしょう。下手を打てば国の分裂や崩壊も有り得ない話では無いです。日本の方々は御存知無いかもしれませんが、中国において富裕層と貧困層の格差が無くならないのは何故か?それは、生まれた土地から出られない決まりがあるからです。田舎で生まれて都会に出て来ても、学校には入れません。病院にも行けません。貧困層が生まれた土地から離れるのは大変なコトです。こういった可笑しな体制をぶっ壊さない限り、この格差は開く一方でしょうね。
d0120933_13592625.jpg
現在の中国に対して、一外国人である自分が何か言っても始まりません。ブログで愚痴を書くので精一杯。しかし、その愚痴を書くのも多少疲れてきました。そんなワケで、しばらくエキサイトブログの更新は休みたいと思います。

しかし、ゲームもプレイしていますし、生活は今まで通りです。今後暫くは、mixi で寝言を発信したいと思います。ゲームの話題も、イラストの掲載も、mixi で扱います。もし宜しければ、そちらに足を運んでみてやって下さい。また規制が解除されたらエキサイトに戻って来ると思いますが、それはまだ判りません。なのでココは残しておきます。

突然で申し訳有りませんが、御理解下さい。リンクを貼って下さっている方々には、リンクを解除して頂いて構いません。コチラからのリンクは残しておきますが、迷惑だと言う場合はメールかブログで御連絡下さい。また、mixi に入会していない方は御招待しますので、メールにて御連絡下さい。入会済みの方は友人検索で 【Champ+】 と入力してみて下さい。
ではまた。

休。
[PR]
# by champlus | 2008-10-10 14:09 | 寝言 (72)

■ おもひでゴロゴロ

調子に乗って、昔のバイト先なんかを探してみました。残念ながらコンビニは区画整理の対象地域の為、場所を移転してしまったようですが、他は残ってました。

ガスト東小松川店。高校生になり、生まれて初めてバイトをした店です。もっとも自分が働いていた頃は、すかいらーくでしたが、今はガストになってます。先日、日本に帰国した時に行ってみましたが、店内は内装こそ変わっているモノの、基本的なレイアウトは以前のままでした。いやはや懐かしい。
d0120933_21281567.jpg
この店で社員の方々に接客や料理のイロハから教わって、イロイロと勉強させて頂きました。それは今も生活の中で役立っています。この店で得た知識や経験は人生に役に立つモノが非常に多かったです。その頃は、あまり深く考えずに、接客の楽しさや、ただたんに料理が作れる楽しさみたいな感覚しか有りませんでしたが、今思えば貴重な体験でした。働いてお金が貰える喜びを知ったのも、ココが最初でしたし。

あぁ、、、そう言えば人生で最初に付き合った女性も、ココで知り合ったんだった。うひゃぁ、、なんか思い出したいコトも、思い出したくないコトも、一気に出て来ましたよ。やべぇ、、、なんか、、、うぎゃぁ、、、ぐはっ(自爆

んで、次が今の仕事(絵描き)でフリーになった時に 『最初のうちは食えないよ~』 と先輩に脅されたもんだから、絵描きと並行でバイトしていた場所。京王プラザホテル。天下の都庁前ですよ(笑
d0120933_21283583.jpg
ココでも貴重な経験をたくさんさせて貰いました。とにかくマカナイ料理が美味すぎて、バイトを始めてしばらくは、毎日 『今日のマカナイ何だろな~♪』 とウキウキしていました。特に好きだったのが夜中に室内の照明を落として、最上階(47階)の窓から階下を見下ろすコト。コレがなんとも言えない気分になるんですよ。落ち着くと言うかリラックス出来ると言うか。他に誰もいないし考え事も上手く纏まりました。コレは関係者にしか絶対に出来ないコトです。貴重な体験でしたね。

しかし、ココで大変な誤算が。結局フリーになった途端に絵描きの仕事が山のように入って来たので、睡眠時間が作れなくて死にそうになりました。仕事が忙しい時に冗談で死ぬ死ぬ言いますが、あの頃は本当に死にそうでした。心臓が痛かったし(笑 でも両方の仕事を併せると月収が45万くらいだったから金持ちでしたね~
d0120933_21275480.jpg
最後はバイト先では有りませんが、よく行く焼肉屋さん。安いので帰国したら必ず1度は行ってます。家族4人で満腹になるほど食べても1万円を切るのは凄まじい安さですよね。
[PR]
# by champlus | 2008-10-08 21:44 | 寝言 (72)

■ ニッポンのあそこで

中国に来てからと言うもの、今まで感じたコトの無かった望郷の念みたいなモノを抱きまして、自分が持っているゲームのラインナップを見ても一目瞭然ですが、日本を体感するような作品が多いです。例えば 【電車でGO】 なんかもそうです。ただリプレイをずっと見ながら 『あぁ、、懐かしいなぁ~』 とかいう想いに耽るワケです。【みんなの地図】 なんて日本にいなければ使う機会も無いのにプレイ(?)してますし。

さて、そんな前置きが有った上で最近ハマっている作品 【ニッポンのあそこで】 を御紹介。
最初は日本の名所や観光地の紹介でもするソフトかと思いましたが、実際にパッケージなんかを見てみると、何のゲームなんだかサッパリ判らない。説明書きを見ても、イマイチ判らず、何はさて置きプレイしてみようってコトで。
d0120933_1783312.jpg
この作品に登場する主人公は外宇宙 【チュ星】 から来た 【ナビッチュ】 彼は、チュ星の旅行代理店 【コズミックチューリスト】 に勤務する惑星調査員。地球の観光名所となるような地域や場所を調査するのが主な仕事です。地球の各地に大量に送り込まれた調査員。ナビッチュの担当区域は 【ニッポン】 しかしニッポンのコトを全く知らない彼は、パートナーとして地球人を一人選び、調査に同行してもらうコトにしました。それがプレイヤーです。

いざゲームを始めてみると、観光名所となり得る場所が本来有るべき場所に見当たりません。東京タワーも無いし、皇居すら地図上から消えています。それらは 【ギョ】 と呼ばれる宇宙魚たちが飲み込んでしまったようで、ギョを釣って観光名所を取り戻さなくてはいけません。
d0120933_1792395.jpg
地面に影だけが映ったギョ。釣り上げるのに使うエサはUFO(笑 自らがギョに飲み込まれて釣り上げるワケですが、コレがまた楽しい。そして取り返した観光名所が充実していく喜び。地図上にグラフィックも追加されて、だんだん賑やかになっていきます。

ホタルを調査せよ。との指令に 【海ホタル】 まで調査してしまう辺りは御愛嬌です。ニッポン各地の名所や特産物の場所も紹介してくれるので、意外な発見も多々有ります。東京タワーの高さは知っていましたが、電球の数までは知りませんでした。
d0120933_1795791.jpg
また取り戻した名所は置物としてUFOの中に飾られるコトや、かぶり物としてナビッチュが着てくれるコトも有ります。UFO内で何もせずにナビッチュを見ているだけでも楽しいです。砂遊びが好きらしく、歌いながら砂のなかを転げまわったりなんてコトも。同じソニー路線としては 【どこでもいっしょ】 に近いユルさみたいなモノを感じます。
d0120933_17101539.jpg
大阪の名所を取り戻したら、阪神タイガースのハッピが手に入りました。アレは嬉しかったなぁ(笑 まだ暫くは、この作品をプレイしてみたいと思います。実際の時間経過で景色も変わるので、夕焼け~夜に移る時は綺麗です。

特にグラフィックには好感が持てました。地図上を走る車や電車、空を飛んでいる飛行機やヘリコプター。ちょっと絵本のようなコミカルさも有って、年齢に関係なく楽しめると思います。地理の勉強を、こういう方法で覚えられたら楽しかったでしょうね。

あ、そう言えば、実家の横にあるコンビニまで、きちんと再現されていて驚きました。正式名称が、あんなに長かったとは(笑 自分の家の近くに名所や旧跡なんかが有るかもしれません。遊び方はプレイする人によって違うと思いますが、その人なりの楽しみ方が出来る作品だと思います。正直言って病み付きです。
[PR]
# by champlus | 2008-10-08 17:14 | PSP (22)