中国在住のダメ絵描きナリ 


by champlus
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

■ オタクとマスコミ

先日8日。秋葉原で起こってしまった事件。中国にいても日本の情報をニュースサイトなどで見ているので、この事件を知った時には大きなショックを受けました。相変わらずマスコミなどでは何か大きい事件が起こると、別の何かと関連付ける傾向が有るようで、今回も容疑者がゲーム好き、アニメ好きと言う部分が大きく取り上げられていましたね。

飲酒運転が蔓延っても酒自体は叩かれないし、たまたま容疑者が野球好きだったとしても、それは別の話として扱われます。しかし、容疑者に今回のような趣味趣向が有った場合には話は別です。一種の情報操作にも似た形で、マスコミは 『待ってました』 と言わんばかりにソコを叩きます。仮に容疑者の趣味が茶道だった場合、それはマスコミが 『欲しい情報』 とは違う為、特にその部分を大きく扱うコトは無かったでしょう。コメンテーターの人達も、それでは定番のトークに話が持っていけませんからね。

個人的には一般的に言われる 【オタク】 と呼ばれている方々には然程悪い印象は有りません。特定の分野に非常に深い知識や見解を持つ人達のコトを総じて、オタクと呼ぶのだと思っています。むしろ自分が、そう呼ばれた時には恥じるよりも誇りに思えるほどです。オタクと呼ばれる方々と話をしていると、その見識の広さに時間を忘れて話こんでしまうコトも多々有ります。

もちろん自らの価値観を押し付け、他人の話を全く聞かないような自己中心的なオタクも多いですが、それはオタクに限った話では有りません。他人の話が聞けない。自分が世界の中心と無意識に考えている人間は他にもたくさんいます。

この容疑者を擁護する気も、かばう気も有りませんが話の合う人物や、彼を受け入れられる人物がいたなら、今回のような惨事は防げたのではないかと考えています。人間は周囲の環境によって変わるモノだと思います。もし、もう少しだけでも、彼の話を聞ける人間が周囲にいたなら、、、。

7人の人生を一瞬で奪ったコトは、どんな理由をつけても弁明は出来ません。極刑は免れないでしょう。25年と言う若さで自らを捨てた行為は愚かと言うほか有りません。しかし他人の未来や夢を奪った代償としては極刑でも軽いくらいです。そして通り魔の 『誰でもよかった』 と言うこの言葉は遺族の人達にとって、どれほどの苦痛となるでしょうか。

マスコミは今後 『社会のせい』 とか、いつもの意味の判らない決まり文句を言い出すかもしれません。そして遺族を追い回したり、犠牲者のプライベートな部分にまで図々しく入り込んでくるでしょうね。マスコミと言うのは自分が子供だった頃に 『馬鹿みたいだな』 と感じた記憶を今も尚、抱き続けさせてくれます。真面目に馬鹿をやる人は好きですが、本当の馬鹿は嫌いです。

自分は大人になったと他人から言われるようになった時、TVを見なくなっていたコトに気付きました。今回の事件で日本のワイドショーを見て、そのコトを久しぶりに思い出しました。中国に来て5年。日本にいる時は気付きませんでしたが、TVなんてモノは、無くても生活に支障が出ないものですね。
[PR]
by champlus | 2008-06-10 17:59 | 寝言 (72)