人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

■租房

「中国人が日本で部屋を借りるのは難しい」

というような話題を中国のSNSや掲示板、ニュースなどで度々見掛けるのですが、昨晩はエキサイトニュース(サーチナからの転載)で、そんな記事を見掛けました。


/////////////////////////////////////////////////////////////


■空き部屋があっても、日本の大家は中国人に貸してくれない!

https://www.excite.co.jp/news/article/Searchina_20190315105/

「日本で暮らすのは本当に難しい!」 日本に来たばかりの中国人青年がSNS上で悲鳴を上げた。特に部屋を借りる際、「気に入った部屋の大家に会ったとき、中国人だと言ったら貸すのを拒否された」、「特別な保証金を払うだけでなく、保証人がいなければ貸してくれない」など、不公平な扱いを受けたというのだ。彼の経験に対し、日本で暮らす中国人からは多くの共感の声が上がったという。

中国メディアの鍵聞(ChainNews)は13日、この状況に関して、「カッとなって愛国心を起こすのではなく、その原因を明らかにしよう。これは実のところ、前人が掘った穴に、後から来た人が足をとられたのだ」と述べ、中国人向けの日本情報メディア・東京新青年の記事を紹介した。

記事は、今回の件についてベテランの不動産担当者の意見を紹介。それによると、東日本大震災の発生後、日本で部屋を借りていた多くの外国人が慌てて帰国し、回収できない家賃や修繕費などが大家の負担になった経緯があるという。

記事はまた、「外国人が住んだ部屋はぐちゃぐちゃになることがよくある」と指摘。「たった数日間の日本旅行で、民宿やホテルを“めっちゃくちゃ”にしてしまった旅行客もいる」と例を挙げた。そして、「部屋を退去するとき、多くの借り手は部屋を片付けて元通りにするという習慣がなく、あちこち壊してあったりして、大家に負担をかけた。一部の日本の大家は、そんな中国人の借り手に遭遇したことがあるのだ」と、中国人が部屋を借りづらい状況の背景を説明した。

さらに記事は、「前人」たちのやらかした実例を写真付きで紹介。禁煙の部屋でタバコを吸って、消えない臭いとたくさんの焦げ跡を残したA氏。決められた時間にゴミ捨てをせず、ベランダにゴミをためこんで異臭を発生させ、事件かと思った隣人が警察に通報するという騒ぎを起こしたB氏。大家に何も言わず、連絡も取れない状況で帰国し、2ヶ月後に戻ってきたら部屋が空っぽに片づけられていたC氏は、「ひどい!」と大家に賠償を求めているという。そのほか、足の踏み場もないほどのゴミを残し、畳を腐らせてこっそり出て行ったD氏・・・。

記事は、「このような状況に遭遇して大変な思いをしないように、大家は “コミュニケーションがしやすい”、“国に逃げ帰らない”日本人を優先的に選ぶのだ」と結論づけ、「日本では、このような偏見は短期間で完全には消えないだろう。しかし、他国の文化を尊重し、他国の規則を守り、きちんと行動していれば、日本での生活はそれほど難しくはないはずだ」と結んだ。中国人に限らず、今後、日本に居住する外国人はますます増えると予想される。住居に関するトラブルをどう減らしていくかが大きな課題になりそうだ。

(編集担当:伊藤由記)2019年3月15日 22:12


/////////////////////////////////////////////////////////////


改行での書き出しが「記事は」「記事は」なのが気になりますね(笑
d0120933_11111950.jpg
(画像はイメージ(笑)

まぁ、それは良いとして 先日 不動産屋の話を日記に書きましたが、日本だから中国人に部屋を貸したくないのではなくて、中国においても中国人に部屋を貸したくないと考えている家主がいるということを彼らは知らないのかもしれませんね。


中国の人は自分の物を大切にします。でも他人の物は雑に扱います。

家主としては自分の部屋を雑に扱って欲しくないわけですが、借りる側は自分の部屋ではないので、それはもう雑に扱うんですよね。

中国において中国人に部屋を貸したくない、、というのでは冗談のようですが、中国人だからこそ同じ中国人の特徴を熟知しているのだと思います。 なので中国人と外国人なら、外国人に部屋を貸したいと考える家主が存在しているのは仕方ないかと思います。

・4人で住むと聞いていたのに、勝手に壁を作って部屋数を増やし、12人で住んでいた。
・住居には使えない商業ビルで、会社が倒産したと言って別の人間を住まわせて家賃収入を得ていた。
・ルームメイトが行方不明になったので契約の更新が出来ないから家賃を半分にして欲しいと言われた。
・エアコンが壊れた(中国では家具も含めて賃貸する場合がほとんど)ので修理して欲しいと連絡があって見に行ったら(部屋をまた貸しされて)知らない人が住んでいた。

なんて話も、あっちこっちから度々耳に入ってきます(笑


中国で部屋を借りる場合は、日本のように敷金礼金こそないものの、家賃は全額前払いです。 それはやはり家賃を滞納したり黙って逃げてしまう人が多いからこそ出来た習慣なのでしょう。

日本において中国人に部屋を貸したがらない家主さんも、今までの経験からそういった習慣が出来てしまったのだと思います。記事内の

「前人が掘った穴に、後から来た人が足をとられたのだ」

という言葉は的確ですよね。どんなに良い人でも「中国人」というだけで印象が良くないのは先人の悪行によるものであって、仕方ないことだと思います。



逆に考えると、先人たちのおかげで「日本人としての恩恵」を受けることの出来た自分は、その恩恵を次の人たちに繋ぐことが義務だと思っています。

by champlus | 2019-03-16 11:14 | 中国 (95) New

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus