人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

■一路走好

■「ルパン三世」のモンキー・パンチさん死去、中国ネットに哀悼のろうそく続々

 レコチャ

2019年4月17日、「ルパン三世」で知られる漫画家モンキー・パンチさん(81)の訃報が中国にも伝えられた。中国のネットユーザーの間に悲しみが広がっている。

公式ウェブサイトによると、モンキー・パンチさんは今月11日、肺炎のため死去した。新浪娯楽の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは日本メディアの報道を引用し、「国民的漫画・アニメ『ルパン三世』の原作者が死去。同作品は1967年8月に連載が始まり、その後、アニメやゲーム、実写映画などになった。ご冥福をお祈りいたします」とツイート。他のアカウントも同氏の訃報を伝えており、中国のネットユーザーからは哀悼の意を示すろうそくのイラストが続々と寄せられている。

また、「『ルパン三世』は大好きな作品。とってもつらい」という書き込みの他、「お疲れさまでした。後のことはルパンに任せてゆっくり休んでください」「どうぞ安らかに」「永遠にルパンを愛しています」「ルパンを生み出してくれたことに感謝しています」「たくさんの人が、先生が紡いだストーリーを記憶しているはずです」などのメッセージも見られた。

(翻訳・編集/野谷) 2019年4月17日 14:20


/////////////////////////////////////////////////////


今朝から中国の掲示板などを見ていて、かなりの数の書き込みなどがあり、やはり中国でも「ルパン三世」は人気が高かったんだなぁ、、と実感しました。

掲示板には「一路走好(安らかにお眠りください)」のコメントと一緒に ロウソクや花束のアイコンが多く見受けられ、皆さんのルパンに対する思い出話などが書き込まれていました。


原作とアニメは別物、、なんて話もありますが、原作に近いアニメも作られていましたし、それだけバリエーションがあるというのは、素晴らしい素材や世界観そして個性的なキャラクターたちを創ってくださった、原作者モンキー・パンチ先生の偉業によるものだと思います。

d0120933_15363373.jpg

自分も子供の頃からルパン三世を見て育っていたので、何度か仕事でルパンを描かせて頂いた時は

「おいおい、俺はそんな動きしないぜ(脳内再生の声・山田康雄さん)」

と絵が語りかけてくるようで、非常に緊張すると同時に描いていてとても楽しかった思い出があります。


ちなみに、中国語でルパン三世は「鲁邦三世」で、原作者のモンキー・パンチ先生は、猿を殴るとか猿を叩くとか、そういう名前に意訳されているかと思いきや、ストレートに「Monkey Punch」でした(笑 どうしても漢字で表記したい場合は、本名の「加藤一彦」としているようです。



モンキー・パンチ先生。 素晴らしい作品を、ありがとうございました。



Commented by ないと at 2019-04-21 12:28 x
ルパン系の仕事もしてたんですか?(・・?
Commented by champlus at 2019-04-22 08:15
金曜ロードショウ枠のルパンを何度か(^^

長い作品だと、同じ会社のコナン、アンパンマンも頂いていました。
別会社ではポケモン、遊戯王、ドラえもん、ワンピース辺りも。

13話とか26話で終わってしまうような作品は、あまり請けませんでした。
やっと絵に慣れてきたと思ったら終わっていたりするので(笑

あとは、ないとさんも御存知サザエさんと、ちびまるこでしょうか (・∀・)

ケロロ軍曹はライフワークになると思っていたのに、意外と早く終わってしまって残念でした。それでも1話から最終話まで参加していたので、、7年(;・∀・)

あれ? 意外と長かったですね、、。
名前
URL
削除用パスワード
by champlus | 2019-04-17 15:41 | 寝言 (277) New | Comments(2)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus