人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

■ 2人で1人

今までのアラスジ。

村クエストを全てクリアし、自他共に認める一流モンスターハンターとなった Jina。
彼女は村人やギルドからの信頼も厚く、居心地の良いポッケ村に永住するのも悪くない
人生だと思い始めていた。

そんなある日、ギルドから Jina名指しでクエストが舞い込んだ。それは伝説の黒龍
ミラボレアスを討伐せよ。と言うものだった。ミラボレアスと言えば昔語りに登場する
架空のモンスターだと思われていた存在。『黒龍が現れた』 しかも、その黒龍はポッケ村
に近いシュレイド城に現れたのだと言う。城下にはココットと言う小さな村も在ったが、
黒龍によって壊滅的なダメージを受けたとの情報も入っている。

そのココット村は、Jinaがポッケ村に来るまで、わずかな期間だが駐留していた村だった。
”黒龍が現れた時、この世界は終わりを告げる” それは昔語りで伝わる一節。その言葉が
誰の脳裏にも過った。

黒龍が迫っている、、、しかし、村人たちは誰一人として村から逃げようなどとは口に
しなかった。村人達は 『 Jinaなら、なんとかしてくれる 』 そう確信していたのだ。
そんな Jinaには大きな不安が有った。今まで、集会所のクエストに同行していた
相方の2人がポッケ村から離れていたのだった。今は遠方の国にいるとだけ風の便りに
聞いていた。

『今の自分に、ソロで黒龍を倒せるだけの技量があるのか』 そう自問自答を繰り返す
Jina。いつしか 『この村を離れている間に、他のモンスターが村を襲って来たら、、』
『シュレイド城に兵力を結集すれば、どんなに強いモンスターでも倒せないコトは無い』
などと、黒龍討伐から逃げる口実を探し始めていた、、、。

そんな時だった。オトモアイルーの 【セバスチャン】 が田舎に帰りたいと言い出した。
セバスチャンは幾多のクエストに同行してくれた歴戦のツワモノだ。黒龍が近づいている
からと言って逃げ出すようなオトモでは無い。『どうして?』 その言葉を口に出そうと
した刹那、セバスチャンが先に話し始めた。

『ご主人、これを憶えているかニャ?』 そう言って、どんぐりメイルから取り出したのは
少し汚れた、手作りの 【守りの札】 だった。もちろん効力は無い。あくまでも 【お守り】
としてセバスチャンが肌身離さず身に着けていただけのものだ。

■『ええ。憶えているわ。私が、、セバスチャンにあげたものよね』
『そう。コレは、ご主人が作ってくれたものニャ。クエスト中も、寝る時も、ずっと
 一緒だったニャ。コレはオイラの宝物なのニャ』
■『、、、。』
『でも、、コレを ご主人に返さなくてはいけないニャ』
■『え?!』
『オイラのご主人は ”あきらめる”と言う言葉を知らニャい勇敢な女性だったニャ』
■『、、、。』
『どんなに強いモンスターにも臆せず挑んだ姿は、ご主人の身近にいた自分が一番よく
 知っているニャ』
■『、、、うん』
『オイラは、普段、他のアイルー達に、この札は世界一勇敢ニャ狩人から貰ったものニャ。
 と自慢しているのニャ、、、』
■『、、、セバスチャン』
『、、もう一度、自慢させて欲しいニャ。オイラのご主人は黒龍を倒したんだぞ。ってニャ』
■『、、、でも、私一人じゃ、、、。』

言葉少なに俯く Jinaに向かって、ゆっくりと一呼吸してからセバスチャンが話し始めた。

『ご主人は大きな勘違いをしているようだニャ?』
■『え?』
『オイラはオトモアイルー。ご主人は一人じゃないニャ』 そう言って胸を軽くポンっと叩いた。

Jinaは目をつぶって何かを考えていた。セバスチャンは静かに主人の返事を待つ。
”いつも強敵に挑む時にはセバスチャンが傍にいてくれた、、、そうよ。私は一人じゃない”

■『、、セバスチャン』
『はいニャ!』
■『行くわよ。ヤツを倒しに、、、。』
『そう来ニャくちゃ!準備は全部出来ているニャ。後は勇気が少し足りなかっただけニャw』
■『、、言ってくれたわね。』

決意を固めた Jinaの表情から迷いは消えていた。お互いの拳を合わせて微笑む2人。

■『ねぇ、セバスチャン。復活する時に私の前に飛び出てくるの止めてよね? 拡散弾を
 セバスチャンの頭に当てて、一緒に爆発なんて、もうイヤだからね』
『ふふん。あれは愛嬌だニャ。』
■『ハイハイ』
『それより、ご主人!こニャいだの、、、』

シュレイド城へと向かう Jinaとセバスチャン。2人を待ち受けるのは、未だ誰も倒したコト
の無いと言われる伝説の黒龍ミラボレアス。果たして彼女たちは無事 ポッケ村に帰って
来るコトが出来るのだろうか?


って、、コレ ”アラスジ” ですかね? (笑
名前
URL
削除用パスワード
by champlus | 2008-09-06 18:41 | MHP2 & G (234) | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus