人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

2018年 11月 25日 ( 1 )

■犬

自分の住んでいる辺りでは犬をよく見掛けます。主に飼い犬です。

ただ、夜中になると野犬と呼んで良いのではないかと思うような、人に慣れていない犬が3~4匹の集団でウロウロしていたりします。

「中国なんだから、犬は食っちゃうんじゃないの?」

とか思う方々も多いと思いますが、意外と犬なら何でもかんでも食べちゃうというワケではないようで(笑 おそらく地域や季節(冬)に拠るのでしょう。

野良犬が人を襲うことは稀なようですが、結構、縄張りから追い出そうと吠え掛かって来たり、追い掛けて来ることなどもあるので注意が必要かもしれません。特に田舎の方では暗闇も多いから危険ですね。


さて、一方 飼い犬ですが、これまた地域によって飼い方が大きく異なるようで、自分が住んでいる辺りではリードを付けて散歩させている飼い主はレアです。ほぼ9割以上はリードや鎖など付けずに放ったらかしで、飼い主が歩いた後を犬が追い掛ける感じで散歩させています。 しかも、スーパーでも飲食店でも普通に犬が入って来ています。店の外で犬を待たせる日本とは大違い(中国の場合は犬だけ外で待たせておくと誰かに持っていかれてしまうそうです)ですね。

散歩中に他人を甘噛みする程度なら、飼い主が笑いながら「こっちおいで」と犬を呼ぶ程度。 おそらく犬を飼う際のルールが緩いのでしょう。なかなかのデンジャラス地帯です(笑


それとは違って、ある程度の大都市になると規制は一気に厳しくなります。

犬を散歩させるのは19時~翌朝5時までの間。それ以外の時間帯に犬を公道に出した場合は罰金。時間内でも犬にリードを付けず散歩させた場合は罰金、、なんて地域も。 この決まりからすると、犬は屋外で太陽を見ることは出来ないのかもしれませんね(^^;

首輪などのない飼い主不明の犬は処分されてしまうので、首輪をつける前に勝手に犬が外に出てしまったとか、首輪が外れてどこかに行ってしまった、、なんて場合は諦めるしかなさそうです。



中国は何をするにも極端なんですよね(^^;

by champlus | 2018-11-25 11:48 | 中国 (89) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus