人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

2019年 03月 31日 ( 1 )

■天才たちの偉業

30日(29日25時10分)に放送されたNHKの「ガンダム誕生秘話」を見て、

「放送当時は そんな状況だったのか、、」

と改めて驚きました。 話に聞いたり雑誌などで回顧録を見ていたので、あるていど「苦戦していた」というのは知っていたのだけど、それは後に知ったことで、放送当時は小学校低学年。まさか打ち切りになっていた作品とは知らずに見ていました。 でも、本格的に食いついたのは再放送になってからのことです。

子供の頃に見た印象としては「ロボットがかっこいい」くらいのもので、人間ドラマのような要素には興味が有りませんでした。誕生秘話の中で「泣ける」と語られていた、ミハルが登場する辺りのエピソードは正直「邪魔だな」とか思っていましたし(^^;

そして大人になってから見たガンダムは、また違った角度からイロイロ見られるようになっていたので、むしろ「ロボット(モビルスーツ)が邪魔だな」と思うようになっていたり(笑

d0120933_01412888.jpg
(ニヤリ)

自分が子供心に印象に残ったエピソードというか、一番好きなのは、第29話「ジャブローに散る!」の、まさにこのシーン。 

うかつに近づいたジムをシャアズゴックがクローで貫ぬいた後、爆風を避けて立ち上がるズゴックのコクピットで シャアが不敵な笑みを浮かべるシーン。 ここにシビれました。 この動きには見た人間の印象に残るよう「ストロボ」というアニメの技法が用いられていて、まさに術中にハマったという感じです(笑

アムロの「間違いない、ヤツだ、、ヤツが来たんだ!」というセリフからの、赤いズゴックが立ち上がる動きに合わせてBGM「颯爽たるシャア」が掛かる流れ。そしてニヤリ。 鳥肌ものでしたね。

ガンダム誕生秘話の中で、この29話ぐらいから視聴率が上がり始めたという紹介がありましたが、物語が大きく動き始めるキッカケになっている辺りなので、妙に納得しました。


それにしても、よくまぁ、40年も前に こんな作品を作ったものだなぁ、、、と。 感心するやら恐ろしいやら(^^;
by champlus | 2019-03-31 08:46 | 寝言 (304) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus