人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 14日 ( 1 )

■中国高速鉄道、もともと15元の弁当を35元で販売?ラベルに不審な穴

 レコチャ

中国高速鉄道で、もともと15元(約250円)の弁当が35元(約580円)で販売されていた疑惑が持ち上がった。10日付で新京報が伝えた。

7日に広西チワン族自治区の柳州市から広東省広州市へ向かう高速鉄道(D2946)に乗車した黄(ホアン)さんは、弁当を買うために食堂車を訪れた。販売員に「15元の弁当はありませんか」と尋ねると、「ありません。35元と45元(約740円)の弁当しか残っていません」と告げられたため、35元の「魚香肉絲(細切り肉の四川風炒め)」弁当を購入。QRコードで代金を支払った。

しかし、座席に戻って弁当を確認すると、ラベルの一部に切り取ったような丸い穴が開いていることを発見。さらに、黄さんが数日前に乗車した高速鉄道で見たメニューを思い返すと、「魚香肉絲」は15元だったような気がしてきた。そこでネットで検索してみると、同じような弁当が15元で販売されていたことを発見。「不審な穴」が開いていた位置には「15元」という値段が記されていた可能性があることも分かった。

黄さんは急いでいたこともあり、その場では乗務員に申し出ず。後日、鉄道部のウェブサイトを通じて連絡をしようとしたが、問い合わせのフォームに何度入力しても正常に送信できなかったという。

この件について、新京報の記者が鉄道部に連絡したところ、担当者は「弁当の販売価格は担当部署の審査を経て決定されている。価格は商品の名称によって決定されるわけではない。35元と15元の弁当は間違いなく別物で、別のルートで仕入れたものは価格も異なる」などと説明。また、ラベルが切り取られていたことについては「弁当を温める際、空気を逃がすためのもの」とし、「乗務員が高く売るために故意に値段の部分を切り落としたのでは決してない。もしそうであれば、当該乗務員を処分する」との回答だったという。

(翻訳・編集/北田)2019年4月12日 08:20


////////////////////////////////////////////////
d0120933_00211902.jpg
(微妙に細部が異なるのは製造した工場の違いによるものだと思われます)

比較画像を見る限り、弁当自体は確かに同じものに見えます。 帯に書かれた文字は並びが違っていたり(魚香肉絲の文字が縦書きと横書き)するけど、メーカーも種類も大きさ(容量480g)も同じものだと思います。 大きさが違えば価格も違うのかな、、とも思ったんですけど。 

それと、少し気になるのは円の中に「15元」と書かれていますが、2つの商品は円の場所が異なっているように見えます。 もしかしたら印刷ではなくてシールか何かなのかな?

とは言え、外装のフィルムごとラベルに丸く切り取られた跡が残っているのは不自然ですよね。
d0120933_00201965.jpg
(容量は500gだけど、価格は15元)

こちらの画像は、今年の2月に別の話題でアップされていた同じ商品(これもまた帯の文字が違ってますけど)です。 当然ながら「弁当を温める際、空気を逃がすためのもの」と言っていた「穴」などは開いていません。


おそらく誰かが嘘をついているのでしょうけど、、疑わしいのは乗務員かな。 その場で指摘しなかった黄さんも問題ですけどね。 中国では後でゴタゴタ言っても普通は取り合ってもらえないので。

ただ、ちょっと気になったのは「QRコードで支払った」ということ。 誰かがシステムを改ざんするような不正を行わなければ、登録されている価格を勝手に変えることは出来ないと思うのだけど。 街の雑貨屋とは違って国の運営する高速鉄道ですし、、。 弁当のバーコードを読み取って、それに対して価格が表示されてから客がQRコードを使って支払う流れだと思うんですよね。

もしかしたら、更に大きな問題に発展する可能性も? (;・∀・)


ちなみに、元記事を見て判ったのですが、黄さんは女性(黄小姐)でした。 なんで自分は男性だと思ってレコチャの記事を読んでいたのだろう?(^^;

by champlus | 2019-04-14 00:33 | 中国 (107) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus