人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

2019年 04月 30日 ( 1 )

■はたらくおじさん

かなり老舗の日本のアニメ会社さん(以降A社とします)から長年お仕事を頂いているのですが、時代の波とでも言いますか、、周辺の他社さんがデジタル作画(動画)に移行しつつあったので「勝手に」自分たちの会社でもデジタル作画の準備を進めていたのだけど、冷静になって考えてみたら

「A社の許可を貰ってない!!」

ということに気付きました。

おいおい、、ダメだろそれは。 会社として、いや、、人として (;・∀・)



本来は順序として、A社さんに「デジタルで作画を始めたいのですが」とお伺いを立ててから、今後のプランなどを提示して相談。 練習した素材なども見てもらった上で許可を頂き、それから準備を始めるのがスジですよね。 直接の親会社だったとしても相談するのに、ましてや他社であるA社さんに黙ってデジタル化の準備を始めるというのは、あまりにも無茶。あまりにも無謀。


黙ったまま勝手に準備をしていた期間は約1年、、。

なんとか形になったので、日本側の親会社に 今まで練習してきた素材データなどを渡して頼んだところ「じゃ、相談してみますわ」という返答をもらい、A社さんから怒られるのを覚悟で待っていました。 


「勝手なことをされたら困ります」

そのぐらいは言われるだろうなぁ、、。

「今までお互いに信頼関係を築いてきたのに、そんな一方的な」

とか言われたらどうしよう、、。

「もう信用出来ないので、今後は他社に仕事を出します!」

なんてことになったら会社存続の危機、、。



いろいろ悪い結果ばかりが頭をめぐって落ち着かなかったのですが、親会社に話してから3日後。

「OKでーす。A社さんから許可出ました。じゃ、次の話数からデジタルで作画入っちゃってください」

という連絡が。


マ、、マジ、ですか、、A社さん、、、作画の基本を変えるような、とんでもないことなんですが、、そんなあっさりと? もちろん親会社の社長がA社さんを説き伏せてくれたという結果ではあるのですが、仮に許可が出るにしても何かしら「ああして」「こうして」と注文が入ると思っていたのに「完全おまかせ」状態でOKを頂けるとは(TT



デジタル作画の利点としては、紙の素材が発生しないので日本側から原画のデータが来たら、すぐ作画に入れること。今までは原画のデータを一旦 紙にプリントアウトして、そこから作画に入っていたため非常に時間が掛かっていました。 物理的な素材の受け渡しも意外と厄介なんですよね。 そして日本側に紙の素材を戻さなくて済むことも利点です。なにしろ紙を使わなくなりますから。 今までは作画を終えた動画(紙)を梱包して航空便で日本に送っていたので、お金も時間も手間も掛かって正直、大変でした。

d0120933_10480184.jpg
(どちらかというと状況的には「はたらけ おじさん」)

そんなこんなで先週から仕事としてデジタル作画の作業に入ったのですが、午前中は自宅で作業をしている動画マンから送られて来たデータを自分も自宅で検査。 午後は出社して社内で作業をしている動画マンの上がりを検査。 気が付いたら個人的に一日中仕事をしている感じになりました(^^; 夜中でも容赦なく電話とか来ますし、、。

日本側とはスカイプで連絡を取り、こちらではQQ,微信、メール、電話を使って動画、仕上げ、制作と連絡。 今まではほとんどの社員が社内にいたので直接話したり指示を出せたのですが、作業場所や時間に対しての自由度が高くなった分、なんか、、自分の負担率が急激に上がっているような気が、、。


まだ全工程において「慣れていない」という部分が大きいので、これから慣れてくれば順調に仕事を消化できるようになると思います。  まぁ、それまで自分の身がもてば良いのですが(笑

by champlus | 2019-04-30 10:54 | 寝言 (214) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus