人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

2019年 05月 03日 ( 1 )

■日本人の若者が中国に活路? 日本経済に見切りをつける日本人
 サーチナ

経済成長に陰りが見え始めていると言われながらも、日本以上の速度で今も発展を続けている中国には様々なビジネスチャンスが存在する。一方、日本はバブル崩壊後、景気回復には至っておらず、日本経済に見切りをつける日本人の若者も少なくないという。中国メディアの今日頭条は26日、日本人の若者が中国に活路を求め始めていると伝えた。

記事はまず、4月26日に総務省が発表した3月の完全失業率が2.5%となり、前月から0.2ポイント悪化したことを紹介。一方、世界的に見れば日本の失業率は低い数字となっているが、日本の企業は会社の利益を上げるために非正規雇用を多く採用していて、労働者の待遇は決して良いとは言えないと伝えた。

続けて、「企業から良い待遇を得られない日本の若者達はどこへ行っているのだろうか」と疑問を提起し、その一部は「わが中国へ来ているようだ」と主張、近年は中国企業が日本人に高待遇を用意することもあり、中国や韓国を始めとするアジアの企業に流れていると伝えた。また、人材と共に日本からは技術も流出してしていることを強調した。

急激な経済発展を遂げている中国では企業の待遇は年々良くなっていて、月収1万元(約16万5000円)を超えている人の割合は上海で35.09%、北京で35.07%、深センで26.91%、南京で19.37%となっていると紹介し、日本の若者が中国で働くようになっていることにはれっきとした理由があり、「日本人にとって中国の魅力は年々大きくなっているらしい」と強調した。

一見すると中国には大きなチャンスがあるように見えるが、中国でも大学新卒者であっても待遇の良い就職先を見つけることが難しくなっているのも事実だ。また、記事で紹介されていたように大都市では収入が向上しているが、そのぶん競争も激しく、地方都市では平均的な収入がまだ3-5千元(約5-8万円)ほどにとどまるのが現状だ。だが、経済成長が著しく、14億人に迫る人口を有している中国には成長の可能性がまだまだ残されているのかもしれない。

(編集担当:村山健二)2019年5月2日 15:10


///////////////////////////////////
d0120933_16181316.jpg
(個人的に大好物の「コインチョコ」(笑)

元記事でも日本の失業率には触れているけど、中国の失業率については説明がないんですよね。 それはなぜかというと説明が出来ない(そもそも信憑性がない)から。

中国でも都市部に関しては失業率が低めなのだけど、それでも当然ながら日本以上。 昼間からウロウロしている人や、人材市場(職業斡旋所)で仕事を探している人たちの多さは明らかに日本以上だと思います。


中国における失業率の算出は今まで「都市登記失業率」だったものが「調査失業率」に代わり、不都合な数値は失業率に反映されなくなりました。

しかもこの算出は都市部だけのものであって、それ以外の地域(農村部など)は加算されていません。それらを全て含めた場合、失業率が20%を超えるという調査結果もあるようです。 まぁ、さすがにそれは大げさな数値だと思うんですけどね、、、。


とりあえず、現状の中国において外資が次々と撤退していく中、日本人が中国に来たところで仕事などあるのだろうか、、と。 よほど語学力を始めとした個人の能力が高いのであれば話は別ですが、そもそもそういった優秀な人材なら日本でも良い仕事に就けるでしょうし。

ただ、海外に出るのは良いことだと思います。 でも、日本がダメだからと言って、さらに状況が悪い中国に行くのは どうなんでしょうか。 他にも選択肢はたくさん有ると思うけど、そこでわざわざ中国を選択するのは謎です。

「中国(ていど)なら、俺でも仕事に就けるんじゃねぇ?」

という甘い考えで中国に渡り、人生を1回休みするのも面白いかもしれませんけどね(笑


あと一つ気になるのですが、、、現在の中国では人件費を抑えるために機械が出来る作業は機械に行わせ、なるべく人を雇わない形をとる企業が増えつつあります。 無人コンビニだったり、スーパーのセルフレジなどは誰の目にもわかるタイプの人件費削減の結果だと思います。

以前あるニュース番組を見ていて「こんなに無人コンビニを増やして、企業は自分たちの利益しか考えてないのよ。人を雇わない企業に未来なんてないわ!」と憤っているオバちゃんのインタビューが放送されていましたが、あれから数年経って状況は更に悪化しているような気がします。 今はマンションの敷地内にまで無人コンビニが置かれるようになってきましたから。

また、企業が人を雇わなくなったことで税収にも影響が出ているため、機械に対する「ロボット税」を導入するような話も出ているほどです。


「それでも中国で仕事をしたい」と考える日本人の方は、実際に来て自分の目で見て確かめてみると良いと思います。 若いうちなら日本に戻れると思いますよ。 年を取ってからでは詰みますけど、、。
by champlus | 2019-05-03 16:20 | 中国 (95) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus