人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

2019年 05月 10日 ( 1 )

■CLIP STUDIO PAINT EX

イラストを描く際、以前は紙に描いてからスキャンしてPCに取り込み、そのあとフォトショップを使ってマウスで着色していました。


PCを買い替えたあとはOSの問題でフォトショップが使えなくなり、スキャナの方は読み込みにズレなどが出てるようになったのと、本業の仕事の方がバカみたいに忙しくなったことも重なって、仕事以外で絵を描かなくなっていました。 仕事が忙しくて「描けない」という表現でも良かったのですが、ゲームなどはプレイしていたから描く時間は有ったはずなんですよね(笑

モチベーションが上がらなかった、、という表現が陥った状況に近いのかもしれません。


そんな状況が数年間続きました。

あまりにも空白の時間が出来てしまったので、また描き始めるのが怖いという心理も働きました。 仕事中に落描きをしても、なんというか本気になれないと言うか、、本気で描いて「この程度か」と自分で認めるのが怖かったのだと思います。

でもまぁ、仕事で失敗は出来ないけど「好きで描いている絵なら失敗しても良いじゃないか」と開き直って、にょろにょろと女性の絵を描くことを再開しました。 それが去年の春頃だったと思います。

その時にちょうど


「うちもデジタルで作画出来ないだろうか?」


と社長から相談されました。 同業他社さんがデジタル作画に移行した、、という話がチラホラと耳に入って来ていたので「いつかは、、」と思っていたこともあり「わかりました。やってみましょう」と。

とは言え何をどうしたら、そして何から始めたら良いのかが全くわからず、まずは自分でタブレットを購入(ワコム Intuos CTL690)して絵を描いてみることにしました。 そこで思い出したのですが、普通の入力デバイスとしてのタブレット(通称・板タブ)では手元で作画しつつ目はPC画面を見ているので、そこに凄まじい違和感がありました。 思い通りに絵を手元で描けないことに対する煩わしさと来たら、、。

日本にいた頃に興味半分で同じような板タブで作画を試した時は、その違和感に負けて「俺はマウスで作画する!」と決意を固めてしまったほどです(笑 最近アップした4枚のイラストは後に購入した液晶タブレットで作画しましたが、それ以前のものは全てマウスです。線の補正と着色は100%マウス作業のみで行っていました。

以前ならそこで投げ出すところですが、仕事だし今後どうしても必要になるだろうし、、ということで液晶タブレットを購入しました。 あの頃は社員たちが「何を始めたのだろう?」と不思議そうに自分を見ていましたっけ。(今はある程度教える作業を終えたので自宅に持ち帰りました)


それから約1年。どうにかこうにか形になって、デジタル作画で仕事を頂けるようになったのは、少し前の日記(はたらくおじさん)に書いた通りです。 自分だけではなく、社員たちもデジタル作画が出来なくては仕事を請けられないので、それを教えることに凄まじい労力を必要としましたが、良い結果が出たことで全て報われました(笑

d0120933_13450652.jpg
(後ろに写り込んでいるのが、UGEE製の15インチ液タブ)

アニメ用デジタル作画で使用しているのは、セルシスさんの「クリップスタジオ ペイントEX」です。 アニメをデジタルで着色することになる辺り(1990年代後半ごろ)から様々なソフトを作ってくれていたので、かなり知名度の高い企業であり、このソフトも使いやすいものだと思います。

他にもいろいろソフトは有るんですけどね。でも他と比較して5~10倍ほど安価だから購入しやすいという利点もあります。 それでも価格は3万円弱(自分は昨年の帰国時に2万4千円で購入)しますが、他社さんのソフトはとにかく高額なので(^^;


出来ることが多すぎて、自分には宝の持ち腐れ感がハンパありませんが、追々使いこなして行ければ良いかな、、、ということで、今後も隙を見つけては おねいさんの絵を描いて行こうと思っています (・∀・)

by champlus | 2019-05-10 14:01 | 寝言 (277) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus