Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中国 (51) New( 51 )

■中国の音楽サイトにて

中国の音楽サイト(そこそこ大きめ)でウロウロしていたら、楽曲に対してメッセージが書かれていることに気付きました。 おそらく皆さんにとっては当たり前のことなのでしょうけど、非常に狭い情報源の中で生活をしているので、こういうことを知らないんですよね(笑

で、自分が普段聴いている曲について、中国の人たちがどんなことを書いているのか気になったのでアッチコッチ巡ってみました。

d0120933_10551920.jpg
(「ブルマが下着姿(Yシャツですが)で窓から雨を見ている姿を思い出したよ」という御意見)

d0120933_10551115.jpg
(ウルトラマンR/BのOP曲。書き込みが次々と!)


ほぼ全体的に好意的な意見で溢れていて、それらの意見にイイネが付いていました。 正直、これほど日本に対して好意的な意見ばかりの掲示板を見たのは中国において初めてかもしれません(笑

書き込みの数やイイネの数が多いのか少ないのかはイマイチ判りませんが、そこそこ有名な日本の歌謡曲でも書き込みが15000前後という感じだったので、まぁ、こんな感じなのかな、、と。


ただ、1つの曲がアルバムやバージョン違いなどで複数見受けられたりもした(同じタイトルの曲が複数ある)ので、一概に全体数を見ることが出来ないのは少し厄介というか、勿体ない気がしました。

〇〇△××(シングル)1000件
〇〇△××(アルバム)2500件
○○△××(ベスト盤)4000件
〇〇△××(サントラ)500件

みたいな感じです。同じ曲なのだから全部一緒に出来れば良かったのに(^^;


ガンダム系の楽曲は、やはりマニアックな意見が書き込まれる傾向が強めですが、そんな中で特に気になったのは、この書き込み。
d0120933_10553235.jpg
(バーニィが行っちゃった、、シーブックも行っちゃった(TT )



つい、イイネ押しちゃいました(^^;

by champlus | 2019-02-15 11:13 | 中国 (51) New | Comments(0)

■お年玉もスマホで

「明日は休み」ということが前日の段階でハッキリしているのは旧正月期間だけなので、とにかくダラダラ過ごして、徹夜でゲームをしていたのですが、明け方に嫁からメール(微信)が。

大きい部屋では嫁と次男が寝ていて、長男は子供部屋で爆睡。自分はゲーム部屋で夜な夜なゲームをプレイしていたわけですが、そこに微信が来ました。 こんな時間に? と思ってスマホを確認したら嫁からの紅包(お年玉)でした。 「久しぶりの休みだし何か好きな物でも買ったら?」ということだったみたいです。

ありがてぇ!(・∀・)

d0120933_22141597.jpg
それで思い出したのが「今年は田舎に帰らず、家でノンビリ過ごします」と言っていた社員の話。 毎年、旧正月に実家に帰ると「早く結婚しろ!」と説教されたり、親戚の家を巡らされたり、いろいろ面倒事を押し付けられたり、片道10時間以上も電車に乗ったり、とにかく疲れることばかりなので嫌だった、、と。まぁ「たまには正月に帰らず好きなように過ごしたい」という気持ちは判らなくはないんですけどね。 

ただ、以前は帰省しなければ親戚の子どもたちに「紅包」をあげなくて済むということで だいぶ経済的に助かっていたようなのですが、最近はネットでキャッシュが送れるので「帰省しようがしまいが 結局カネだけは無くなっていく!」と嘆いていました(笑


便利(?)な世の中になったけど、やっぱり お年玉は手渡しが良いなぁ、、、。

by champlus | 2019-02-06 22:39 | 中国 (51) New | Comments(0)

■新年好 2019

結果から書くと、昨晩、花火と爆竹の音はしませんでした。 かなり驚いています (・∀・;)


正確には遠方から微かに音は聞こえたのですが、それは都心から離れた田舎の方で上げられた花火でした。かなり距離があるようで爆竹の音までは届きませんでしたが、花火は聞こえるもんですね。 

音よりも光の方が存在感を出すかと思っていたのだけど、周囲に高いマンションが多いので遠くまでは見えませんでした。 天気も良く、星空が見えていて雲がなかったので光の反射も望めず。

いや、別に花火に期待していたわけじゃないのですが、ここまで去年までと変わるものかと驚いた次第。 昼間に暴発気味の爆竹もなく、このままだと一度も花火を見ず、爆竹を聞かずに正月を終えそうです。

d0120933_17513569.jpg
自分が初めて中国に来たのは返還直後 1998年の香港でした。 そこから内陸の深圳に渡り仕事をしていたのですが、ちょうど旧正月の時期で、昼夜構わず花火と爆竹が鳴り続け 道路は爆竹の赤で一色に染まり、火薬の匂いで気分が悪くなるほどでした。 

これも文化の違いか、、と思って楽しんでいましたが、もうそういった光景は見られないのでしょうね。


そう考えると少し寂しい気もしますが、、、。

by champlus | 2019-02-05 17:58 | 中国 (51) New | Comments(0)

■静かな旧正月?!

中国版の紅白とも呼ばれている「春节联欢晚会(春晩)」の放送が20時から始まりました。 

d0120933_22091830.jpg
どなたかが描いたホグライダー。かなり気に入りました(笑


除夕の今日は家族で食事をして春晩を見るのが中国式。うちもそんな感じですが TVで春晩を流しつつ、子供2人はタブレットでマインクラフトをプレイ中。 自分はスマホアプリの「クラクラ」「クラロワ」「三国戦争」「戦争と文明」「権力と紛争」を はしごプレイ中。 今は建設中だったり 宝箱のアンロック待ちで、時間が空いたので日記を書いてます(笑

ちなみに、嫁はニヤニヤしながら春晩を見ています。


夕食後、春晩観賞用に飲み物と果物なんかを買いに行ったのですが、あっちこっちに警察官が。 今年から「旧正月期間中の爆竹と花火禁止令」が厳しくなった(街の至る所にポスターなどが貼られています)ようで、その監視だと思います。 この時期に、、というか、夕方以降に警察署や交番に電気が付いているのは初めて見た気がします。 近所の警察署は日曜日なんかシャッターが下りてますからね(笑

上からのお達しには逆らえない、、と言ったところでしょうか(^^;

その効果があってか、昨年までは昼間でも爆竹の音が鳴り響いていましたが、今年はだいぶ減っています(かなり遠くで少し聞こえる程度) 本番は日が変わる(年明けの)タイミングなので、そこでどうなるか、、、ですね。



結果を楽しみに待ちたいと思います (・∀・)

by champlus | 2019-02-04 22:09 | 中国 (51) New | Comments(0)

■明日は除夕

明日は中国の「除夕(じょせき)」ということで、日本で言うところの大晦日。明後日が元日です。

なんとか無事、今日のうちに仕事納めが出来たので明日から1週間ほど出社しません。 とは言えデジタル作画に移行する準備など有るから、イロイロと忙しいんですけどね。 まぁ、要は「自宅で移行準備に集中しろ」ということなのでしょう。

「よーし、PS4で遊ぶぞー!!」 (・∀・) ウヒョー

d0120933_23135739.jpg
(除夕のイメージ画像を百度で頂いてきました)


この辺りは比較的都会なので、車や人の数が一気に減りました。 今夜から(4日0時~10日24時)は高速道路の利用が無料(7人乗り以下限定)になるので、一般道は更に車が減ると思います。 近場の田舎に帰省する人は今夜のうちに移動して、大晦日の夜を実家の家族や親戚たちと共に過ごす、、というのが定番になっているみたいです。

飲食店や商店も昨日の夜辺りから閉めている店がチラホラ。 馴染みの店の主人に会ったので訊いてみたら「明日は店を閉めて帰り支度さ。夜には高速を使って実家に帰るよ」という返事が。 まさに定番ですね(笑


そろそろ高速料金無料の始まる時間なので、おそらく料金所の手前は大渋滞になっていると思います。 この国策に対して「(渋滞を誘発する)愚策だ!」と言い切った中国の学者さんもいたようですが、結果的には料金所で減速する必要がなくなったので、この期間は車が意外とスムーズに流れているようです。


ただ、、事故渋滞は頻繁に起こっているみたいですけどね(^^;

by champlus | 2019-02-03 23:16 | 中国 (51) New | Comments(0)

■中国の歩道は駐車場

以前の日記(自宅前の渋滞)(車だらけ)にも書いていますが、自宅前の違法駐車は相変わらずです。 

d0120933_10160259.jpg

少し変わったことと言えば、この道路は細い割に交通量が多く、駐車違反でキップを切ったりしている余裕はないため、昼間(夜間は違法駐車し放題)は発見次第レッカーで持って行かれるようになりました。

「この辺りは昼間、路上に停めているとレッカーで持って行かれる」

ということが周知されたようで、その結果、歩道に乗り上げて停める車の数が増えると言う、日本では考えられない状況に(^^;


前にも書きましたが、中国では路上と歩道は管理の管轄が違うため、歩道に乗り上げて停めていれば駐車違反でキップを切られることも、レッカー移動されることもありません。 個人的には歩道に乗り上げて停めている方が違法性が高いと思うのですが、中国では問題にならないようです。

画像には7台の乗用車が写っていますが、7台とも違法駐車中です。そのうち6台は歩道に乗り上げているため、歩行者は車道を歩かざるを得ません。 



まだまだ増え続ける中国の自家用車。 この先どうするつもりなんですかね、、、。

by champlus | 2019-01-30 10:18 | 中国 (51) New | Comments(0)

■なぜ帰って来た?

先日「悪い方のニセウルトラマン」という日記を書きましたが、なぜこのタイミングで偽者の新作ゲームが出たのかと少し気になって調べてみたら、今月18日から劇場版の新作「钢铁飞龍之奥特曼崛起」(ドラゴンフォース 立ち上がれウルトラマン)を公開していたようです(^^;
d0120933_14150695.jpg
前作「钢铁飞龙之再见奥特曼」(ドラゴンフォース さようならウルトラマン)で散々叩かれて、中国国内での作品評価もレビューの88%が★1を付けるような惨状だったにも関わらず続編を公開するとは、、さらに前作の権利関係で10日から裁判が始まったばかりなのに、18日から新作の公開とか、、。


今回の映画公開に先立って行われた発表会では、その作品内容よりも

正版(本物)
合法(違法ではない)
授権(権利を受けている)

という3つを強調していたようです。


過去の作品における「利用権」に関しては権利関係でゴタゴタしているようですが、ウルトラマンの著作権自体は円谷に有るので新作などを勝手に作ることは出来ないところを、あえて権利を曲解する形で新作を作り続けると言う厚顔無恥。 しかもあと4本作る気でいるようですし。


中国国内からも「盗版(にせもの)」と言う声が出ているのに、それでも新作を作り続けなくてはならない理由とは何なのでしょうか。自分にはイマイチ理解出来ません。

by champlus | 2019-01-28 15:00 | 中国 (51) New | Comments(0)

■もういくつねると

旧正月(春节 、过年)まで10日となりました。 今回は2月5日が初一(元日)になります。 毎年変わるからややこしいんですけどね(^^;

ちなみに、2020年の旧正月は1月25日になります。
d0120933_11333094.jpg
その影響で1月23~25日から2月17日まで学校は冬休みです。 この時期に頭が痛いのは、親御さんの休みより子供たちの休みの始まりが早いことのようです。 普段は子供を学校に送ってから出勤、子供が下校する前に退社して子供と一緒に帰宅する、もしくは祖父か祖母が送り迎えをして孫の世話をする、、という家庭が一般的です。

祖父や祖母がいてくれれば良いのですが、最近は一緒に住まない家族も増えてきたようで、それがこういう時期に問題になるんですよね。両親が働きに出ていれば昼間は子供が一人になってしまうわけで、、まぁ、そういう意味では夏休みなんかも大変みたいですけど(^^;

うちの会社は希望すれば自宅での作業も可能(女性限定。当社は男性差別をしています(笑)なので、そういった影響は少ないのですが、普通の企業やパートで勤めている親御さんたちは大変だなぁ、、、と。


だから中国では「塾」が大人気なのでしょうね。 土日休日の朝8時から夜7時まで、、とか、子供を預かりつつ勉強を教えるという、日本とは少し違った形の塾が多くなってきているような気がします。もちろん食事も出ます。 昼間、子供を一人で家に残しておけないので塾に預けてから出勤するという流れですね。

平日も送迎だけ担当する業者がいたりします。朝は子供を親御さんが学校まで送り、下校時は業者に任せておいて、あとで親御さんが業者まで迎えに行く形です。 そうでないと小学校などは午後3~4時が下校時間なので、間に合わないんですよね。


ニーズに合わせて、いろんな商売が出来るものだなぁ、、と関心しています。

by champlus | 2019-01-26 11:36 | 中国 (51) New | Comments(0)
「奥特曼(ウルトラマン)」でゲームを検索したら、悪い意味でのニセウルトラマンが最新作でヒットする中国の今(笑
d0120933_08415472.jpg
「守衛地球(地球を守る)」とか書いてありますが、その前に他人の権利を守れ、、と。


日本でも中国でも年齢問わず誰もが知っているウルトラマンを使って、勝手にゲームや映画まで作る国。 全てが管理され政府の許可なしで映画上映なども出来ないので、このニセウルトラマンも中国政府に守られているわけです。

金儲けのためなら自国の子供たちに偽物を見せることも厭わず、これで好しとしていることが信じられません。中国における教育とは何なのだろうか、、と。 いくら自分たちの発想で良い物が作れないからと言って、他人のアイデアと その築いてきた歴史を丸ごと盗んで金儲けとは。彼らに「恥」という概念はないのでしょうか?(^^;

ご覧のように登場キャラもオリジナルの発想が出来ないものだから、戦隊ヒーローのような謎キャラが出てくる始末。 憤りを越えて哀れみすら覚える次第です。


どんな言い訳をしても、これが今の中国。 なかなか好感など持てません。

by champlus | 2019-01-21 08:51 | 中国 (51) New | Comments(0)

■ドキュメント72時間

中国で放送されている「纪实72小时(ドキュメント72時間)」が、あまりにも日本のドキュメント72時間に似ていたので調べてみたら、NHKと中国テンセントが共同で作っていたようです。「ここまで似せるか?」と思っていたのだけど、そういうことなら納得(笑
d0120933_09040369.jpg
番組冒頭のタイトル(流れているBGMは日本で放送されているものと同じ)

d0120933_09041261.jpg
広角の定点カメラで撮影したものを倍速再生。日本の72時間と同じ流れです。タイトルは「試験時期のマクドナルド」学生たちがマクドナルドで勉強をしている姿を主軸に店内を72時間観察する内容でした。

d0120933_09041804.jpg
「撮影開始」

d0120933_09042595.jpg
「撮影開始から1時間」



最後はスタッフのクレジットが流れつつ音楽で締めるという構成も同じです。違うのは場所が日本と中国ということぐらいでしょうか(笑

by champlus | 2019-01-18 09:46 | 中国 (51) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus