寝言発信基地(復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中国 (32) New( 32 )

■報復の浅はかさ

■中国でのカナダ人拘束、トルドー首相が認める 2018/12/12 05:15


【AFP=時事】カナダのジャスティン・トルドー(Justin Trudeau)首相は11日、中国でカナダ国籍保有者が身柄を拘束され、カナダ政府が中国政府に説明を求めていることを明らかにした。

 シンクタンクの国際危機グループ(ICG)はこれに先立ち、同グループに所属する元カナダ外交官のマイケル・コブリグ(Michael Kovrig)氏が中国で身柄を拘束されたと発表していた。

 トルドー首相は「中国でのカナダ人1人の状況については把握している。中国側と直接連絡を取っている」と表明し、カナダ政府はこの問題を「非常に深刻に」捉えていると述べた。

 コブリグ氏拘束について中国からの公式発表はないが、中国政府は同国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)の孟晩舟(Meng Wanzhou)最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された事件に対し憤りを表明していた。



--------------------------------------------------

--------------------------------------------------



今のところ中国では「外国のマスコミが報じている」と言う形で記事になっていますが、報道に乗っている時点で根拠のない噂ではないということですね。直接「捕まえてやったぜ」とは言えないので、まずは「海外のマスコミが言ってるんだけど」という形で報じる。いつものパターンです。


理由なく拘束することは人権問題、、みたいな発言を、つい数日前に中国の外務省が行っていましたが、同じ形で報復したつもりなのでしょうか。どう見ても中国の行っていることは幼稚な子供のやっていることと変わらないと思うのですが。



中国で報じられた記事には賛同(イイネ)やコメントが付いています。昨晩23時に記事になって以降、


・とても良いニュースだ。今夜は良く眠れるだろう。

・カナダという犬に対しての見事な反撃だ。

・祖国よ。私は支持する。

・今日見たニュースの中で、一番興奮したよ。

・断固たる決意で断交すべきだ。

・これは報復だ。カナダ政府が彼を見つけることは出来ないだろう。

・まずはこの流れで反撃だ。中国は強い。

・捕まえるのは良い案だ。もっとたくさん捕まえろ。

・カナダの反応を見よう。もう昔のような(弱腰の)中国ではない。

・こいつにもっと苦痛を味わせてやれ。


と言ったコメントに溢れています。 もしかしたら、もっと互いに冷静になろうとか、報復にどんな意味があるんだ、、的なコメントがあるかな? と思ったけど1件も有りませんでした。それはもう見事に中国政府を賛辞したり、カナダを馬鹿にする発言ばかり。


事実を認める発言をする際には「我が国における重大な規定に違反した」くらいで、きちんとした理由は言わない、、いや、言えないか。どうせきちんとした理由もなく拘束したのでしょうし。


記事内で今回行方不明になった元外交官のマイケル氏を紹介していますが、極東アジアにおける安定という名目で何度も中国政府を批判していた、、、とあります。中国語も話せるみたいですね。



さて、、このあとどうなりますか。


[PR]
by champlus | 2018-12-12 08:11 | 中国 (32) New | Comments(0)

■ニトリ

自宅から少し離れたところにショッピングモールが出来たので嫁と一緒にフラフラと。

凄まじい広さの割りに客数はそうでもなかったのだけど、まだ出来たばかりで認知度が低いのかもしれません。有名なテナントも多く入っていて、飲食店街や大きめのスーパー、映画館も2件入っていました。
d0120933_10070825.jpg
日系だと、洋服の青山とニトリが目立っていました。 モールの看板位置などから察するに、ニトリは出入口に近い2階に上がってすぐの場所で優遇されている感もありました。 店舗の入り口は1ヵ所だけでしたが中は広く、家具や雑貨などを扱っています。 こたつも売っていて「なんだこりゃ?」と老人が不思議そうに見ている姿が印象的でした。

IKEAと違って家具のベッドには布団が置かれていないので、客の寝ている姿が見られなかったのは残念です(笑 ただ、マッサージチェアと大型ソファーには、オッサンが数人倒れてましたけどね(^^; 奥さんや子供が買い物中、旦那さんはココで寝ているという流れだと思います(笑
d0120933_10071412.jpg
昼食は焼肉。普段あまり肉を食べないので久々でした。 オシャレな内装で他の客が女性ばかりなのもなんとなくうなずけました。 居心地も良く、気付いたら2時間も経っていて、嫁とこんなに長い時間イロイロ話したのも久々でした。 


もうちょっと、嫁と一緒の時間を増やしたいなぁ、、、。

[PR]
by champlus | 2018-12-03 10:09 | 中国 (32) New | Comments(0)

■日本のお菓子

なぜ中国人は日本まで来て「お菓子」をたくさん購入するのか=中国メディア


 日本のお菓子は、種類が豊富でおいしく、手軽な価格のものでもクオリティが非常に高い。訪日中国人にも人気で、土産としてお菓子を爆買いする人も少なくない。中国メディアの今日頭条は27日、中国人旅行客が日本のお菓子に感動しているとする記事を掲載した。しかし、中国のネット上では中国のお菓子も種類が豊富だと反論する人もいるという。

 なぜ中国人は日本まで来てお菓子をたくさん購入するのだろうか。記事は、「日本のものはなんでも中国よりもずっと良い」という思い込みが一因であると主張。食べ物も日用品も質が良いと思っているが、記事は「単に包装がきれいなだけ」で中身は大差ないと反論している。日本の商品は、実際どれも手に取りたくなるような魅力的なパッケージをしている。

 それに対して中国のお菓子はというと、種類はそれなりにあるものの、見た目はあまりぱっとしないというのが正直な感想だ。筆者はこれに関しては認めており、ただのビニール袋に入れられる量り売りも多く、包装してあるものも普通過ぎると指摘しながらも、中国は広く、各地にありとあらゆるおやつがあると種類の豊富さを主張。甘いもの、しょっぱいもの、酸っぱいもの、辛いもの、脂っこい物、さっぱりしたものなどいろいろあると指摘した。

 また、日本では地域限定品以外はどこで売っているものも大差ないと指摘。やはり資源の乏しい国だけあり、種類も多くないのだろうと推測した。記事は結論として、日本のお菓子は包装が良いだけで、中国と大差ないと締めくくっているが、肝心の味に関しては特に触れていないようだ。実は日本のお菓子を食べたことがないのかもしれない。日本の菓子は中国とは次元の違うおいしさであり、訪日中国人が大量購入していることや、中国のECサイトで人気が高いことも、日本のお菓子のおいしさを証明していると言えるのではないだろうか。


-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------


確かに中国にも菓子はいっぱいあります。でも、有名なものや人気のあるものは海外メーカーの菓子類です。スナック菓子もチョコレートも、だいたい海外メーカー。

例えばポテトチップでも、スーパーやコンビニの棚にあふれているのは、フリトレー(Lay's) や韓国メーカーのものばかり。中国製のポテトチップは価格こそ安いものの味では全く勝負になりません。おまけにだいたい袋や箱の中で砕けて細かい破片になっています。

他の菓子類に関しても中国メーカーの菓子は「価格の安い劣化版」であることがほとんどです。 帰国する時にお土産で何か、、と思っても日本人に勧められるような菓子はありません。仕方なくクルミやアーモンドなどの比較的日本より安価なナッツ類を買って帰るのが現状です(^^;

中国ならではの菓子と言えば、、麻花や月餅くらいでしょうか。あとは沙琪瑪かな。 どれも伝統的な菓子で不味くはありませんが、自分で買ってまで食べる気には、、。


記事にもありますが、中国の元記事を書いている人は日本の菓子類を食べたことがないのかもしれませんね。もしくは現実を知らないのか認めたくないのか「見た目は良いが中身は大差ない」と言い切っちゃうのが凄いと思います。 サーチナの記者さんが書いている通り、味に関して日本の菓子は次元が違います。

まぁ、その結果、中国人が日本に来てお菓子を買い込んでいるということなのでしょう。

[PR]
by champlus | 2018-12-02 10:39 | 中国 (32) New | Comments(0)

■近所の本屋

近所に大きめの書店が出来てからというもの、仕事の山が抜ける度にフラフラと通うようになってしまいました(笑

中国の書店は全体的に立ち読みOKというか、むしろ立ち読め、座り読めという非常にウエルカムな店舗が多く、立ち読みは当たり前、以前は床や階段に座って売り物の本を読んでいる人たちが多かったです。

最近は少し変わって来て、どの店でもテーブルや椅子が常備されるようになったおかげで立ち読みも減りました。でも、売り物の本をテーブルに座って読むスタイルなので、店側に儲けが出ているのかどうかは謎です(^^;
d0120933_14114223.jpg
(2階のテーブル席)
d0120933_14083661.jpg
(3階と2階)
d0120933_14082935.jpg
(3階のレジ前)

小物やアンティークのアクセサリーなども置いていて、正直、本を読む気がなくても足を運んでしまうほどです。この店は吹き抜けの3階建てで解放感があります。 凄まじい広さの店内(大人が迷子になるレベル)には各階に1~2店 喫茶店も入っていて、聞こえるか聞こえないか程度の音量でジャズ系のBGMも流れていたりします。 もはや本屋と言うより落ち着きと解放感のある素敵な喫茶店といった感じです。

そこでコーヒーを頼んで、テーブル席で本を読む。 もちろん売り物の本を、、、。

また書棚の前には壁で仕切られた個別のテーブルも置かれていて、そこには「売り物」の参考書を開いて勉強に勤しむ学生さんもいました。テーブルにはコンセントとUSBも設置されていて、至れり尽くせり。


書籍は日本でも同じですが定価販売が原則。すべて新書なので割引こそあっても定価より高い値段で売ることはありません。 再度言いますが、これで一体どうやって儲けを出しているのか、、謎すぎます(^^;

[PR]
by champlus | 2018-11-29 14:21 | 中国 (32) New | Comments(0)

■無人店舗

今年の夏に一時帰国した時、日本でもスーパーなどでセルフレジを見掛けましたが、中国では店員不在の無人店舗や、現金のやり取りが無くなった「レジのないスーパー」などが目立つようになって来ました。

無人店舗はコンビニのような比較的小さなスペースのモノで決算はネットのみ。 欲しい商品をスキャンしてスマホで決済する流れです。支払いが済むまでは出入口のドアが開かないようになっています(笑 商品の補充は日に1~2度、専門のトラックがやってきて売れた商品を補充するシステムのようです。

その規模を大きくして少数の店員を置き、常に商品補充などをしているのが大型のスーパーです。 こちらも普通に欲しいモノを選んで最後に商品をスキャンしてスマホで支払います。(店舗によってはインフォメーションのところに1台だけ現金を扱うレジが有ったりもします)

初めて利用する時は専用のアプリをDL(店内では無料Wi-Fiが使えます)して、その指示に従ってスキャンや支払いをするのですが、とにかくネットで支払うのが当たり前の社会になりつつあるので、細かい説明などは有りません。知っていて当然の知識ということなのでしょう(^^; 店員のいるスーパーなどでは判らないところを訊きながら支払いを進められますが、無人店舗ではお手上げ感が、、。

そして当然のことながら、子供やお年寄りが利用することは想定されていない気がします。 そういう客は「古い店に行け」ということなのかもしれませんね。 

確かにスマホ決済は便利ですけど、店に入っても店員に会っても「いらっしゃいませ」の一言すらない店で買い物をするのは、何か物足りない気がします。 とはいえ中国の場合、既存の店でも店員が客に向かって「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」なんて挨拶するのは稀なんですけどね、、。


ちなみに、セルフレジの付近や商品をスキャンする台の辺りには無数のカメラが設置されているので、商品をスキャンせずに店外に出ようとしたりすると、おそらく捕まります。 そういうところの対策だけは万全のようです(笑

[PR]
by champlus | 2018-11-27 13:09 | 中国 (32) New | Comments(0)

■犬

自分の住んでいる辺りでは犬をよく見掛けます。主に飼い犬です。

ただ、夜中になると野犬と呼んで良いのではないかと思うような、人に慣れていない犬が3~4匹の集団でウロウロしていたりします。

「中国なんだから、犬は食っちゃうんじゃないの?」

とか思う方々も多いと思いますが、意外と犬なら何でもかんでも食べちゃうというワケではないようで(笑 おそらく地域や季節(冬)に拠るのでしょう。

野良犬が人を襲うことは稀なようですが、結構、縄張りから追い出そうと吠え掛かって来たり、追い掛けて来ることなどもあるので注意が必要かもしれません。特に田舎の方では暗闇も多いから危険ですね。


さて、一方 飼い犬ですが、これまた地域によって飼い方が大きく異なるようで、自分が住んでいる辺りではリードを付けて散歩させている飼い主はレアです。ほぼ9割以上はリードや鎖など付けずに放ったらかしで、飼い主が歩いた後を犬が追い掛ける感じで散歩させています。 しかも、スーパーでも飲食店でも普通に犬が入って来ています。店の外で犬を待たせる日本とは大違い(中国の場合は犬だけ外で待たせておくと誰かに持っていかれてしまうそうです)ですね。

散歩中に他人を甘噛みする程度なら、飼い主が笑いながら「こっちおいで」と犬を呼ぶ程度。 おそらく犬を飼う際のルールが緩いのでしょう。なかなかのデンジャラス地帯です(笑


それとは違って、ある程度の大都市になると規制は一気に厳しくなります。

犬を散歩させるのは19時~翌朝5時までの間。それ以外の時間帯に犬を公道に出した場合は罰金。時間内でも犬にリードを付けず散歩させた場合は罰金、、なんて地域も。 この決まりからすると、犬は屋外で太陽を見ることは出来ないのかもしれませんね(^^;

首輪などのない飼い主不明の犬は処分されてしまうので、首輪をつける前に勝手に犬が外に出てしまったとか、首輪が外れてどこかに行ってしまった、、なんて場合は諦めるしかなさそうです。



中国は何をするにも極端なんですよね(^^;

[PR]
by champlus | 2018-11-25 11:48 | 中国 (32) New | Comments(0)

■車だらけ

中国では結婚するのに家と車の所持が必須条件なんてことを言われていますが、まぁ、実際そんな感じです。

特に男性側は求められる条件が厳しいので、話を聞いていると心底大変だな、、と思ったりします。男女比が変なのも特徴です。中国では結婚適齢期の中で男性が女性に比べて3000万人ほど多いので、どうしても男余りの状況になってしまうようです。

「良い家を持っている」「良い車を持っている」「良い仕事に就いている」という辺りが女性側の求める結婚条件になっていたりする上に、親御さんや親戚は結婚をまだかまだかと急かすワケで、未婚男性のプレッシャーたるや想像を絶するものがあると思います(^^;


さて、そんな中、見栄を張りメンツを重んじる中国の方々にとって、重要視されるのは自家用車。

横並びに3台揃ってポルシェのカイエンが信号待ちしている、、なんて面白い光景が見られるのは中国ならではだと思います。とにかく無理をしてでも高級車を買い「別に普通ですけど?」という感じを装うのが彼らのメンツであり見栄の張り方なのでしょう。

幸い、自分の嫁はそういう辺りに無頓着というか、あまり気にしない性格なので助かっています。 でも「他人は他人。自分は自分。自分の身の丈にあった生活をすることは恥じゃないよね」と言われた時は、もう少し仕事を頑張ろうと思いました(笑


中国社会で増え続ける車。とにかく道路という道路に違法駐車する車が凄まじい量で、酷い場合は片車線が違法駐車の車で全滅。もう片方も2車線中片側が埋まっていたりする場所もあり、渋滞が絶えません。

さすがに警察も黙ってはいないのですが、どうやら中国では車道と歩道で管理する管轄が違うようで、車道に停めていると違法駐車でキップを切られますが、歩道に乗り上げて停めている場合は、とくにお咎めが有りません。 結果、歩道に乗り上げて停める車が続出し、歩行者が車道を歩くという、おかしな光景をアチコチで見掛けるようになりました。


画像をご覧ください。
d0120933_09131622.jpg
自宅前の三差路。少し望遠で撮ったので画像粗めですが、走っている車は黄色で囲んだ1台のみです。あとは正直 違法駐車。

特に3番と4番は凄くないですか? でもこれが今の中国では普通に見掛ける光景なんですよね。 近くに駐車場がないわけではありませんが、金を払いたくないらしいのです。 1番と2番のように曲線部分に車を停めるのは中国において当たり前に見掛ける状態です。歩行者が急に出てくる(視界を遮るところに車が停まっているので仕方ないのですが)ので、事故が起こる原因となっていますが、この場所の違法駐車は一向に減りません。

「車には(必要だから)金を掛ける。でも駐車場代は(必要ではないから)払いたくない」

中国人の思考が垣間見える面白い現象だと思います。

ちなみに中国は右側走行なので、5番と6番は逆走したまま違法駐車という状態です。 1~4番も含めて、日本ではまず見られない光景ですよね。

[PR]
by champlus | 2018-11-20 09:15 | 中国 (32) New | Comments(0)

■あれから一週間

先週少し日記に書いた、中国の11月11日「独身の日」 昨日、集計が発表されたようなのでまた少し扱ってみたいと思います。

まず11日におけるアリババグループの取引総額は過去最高の2135億元(3兆4000億円)でした。1日でこれだけの大金が消費で動くというのは凄まじいですよね。しかも他のネットショッピングサイトでは期間こそ少し長いものの、11月1~11日の間に3000億元(5兆円)の金額が動いたという話もありました。 もはや中国全体としてはどれだけのカネが動いていたのか、、、。

越境ECで売れ行きが一番良かったのは日本製品。紙おむつや化粧品、衣類などが上位に入っていました。

中国国内のアパレル系では天猫が記録した、開始35秒で1億元を突破のユニクロが話題になっていました。11月11日0時0分35秒の時点で1億元(16億6000万円)って(^^; ちなみに2016年は1憶元を突破するまで2分53秒掛かっていたらしいですよ(笑

[PR]
by champlus | 2018-11-18 11:23 | 中国 (32) New | Comments(0)

■火鍋屋

中国で食べる機会の多い火鍋。 日本でも度々TVなどで紹介されているかと思うので詳細は省くとして、好みのスープ(鳥出汁、豚骨、トマト、カレー、麻辣など)を選び、自分は野菜メインで頂きます。

鍋は大きいものから小さいものまで様々。大きいものは3~6人用。小さいものは1人用。 ここ10年ほどは一人で食べる小さい鍋を扱う店、もしくは小さい鍋の専門店が増えています。 数人で食べる時でも一人につき一つの鍋。おひとり様もチラホラ見掛けるようになってきて食生活のスタイルにも徐々に変化が見えてきました。
d0120933_07351302.jpg
それとやはり店が綺麗になりました。これも最近ですが外資系以外でもオシャレな感じの店が増えましたね。 例えば画像のような店ですが、安価な火鍋屋(客単価500円程度)でも このくらいが標準的になってきた印象です。 お昼前の開店直後だったので、まだ他のお客さんはいませんが昼時、夕飯時は満席で、店の外で順番待ちが出来たりします。 ちなみにこの画像は店舗の一角で、客席全体の1/6くらいです。


最近の中国は店員の態度も良くなって来ている印象がありますし、以前に比べたら客も少し静かになってきたかな、、いや、、そうでもないか?(笑

[PR]
by champlus | 2018-11-16 08:16 | 中国 (32) New | Comments(0)

■11月11日

日本ではポッキー&プリッツの日。

韓国ではペペロデー。


中国で11月11日は「独身の日」だったのだけど、アリババの影響で数年前から「買い物の日」になってしまいました。「寂しい独り身の皆さんのために良い商品を安く売ります」という始まりだったのに、いつの間にやら一大イベントに。

10日の夜からネットに貼り付き、日が変わると同時にバーゲン商品を買う、、というのが楽しみ方のようです。

規模的にどんなものかと思って調べたら、この日、1日の取引総額が2兆円にも達するということで、凄まじい結果が出ていることを知りました。

実は自分の嫁も3年前の11月11日に売られていた目玉商品、限定3台のエアコンを買えたことがキッカケでハマってしまったようで、昨年もキャーキャー。今年もキャーキャー。 ついさっきも、お目当ての服が7割引きで買えたと上機嫌でした(笑


とは言え、これだけ大規模なネット通販。商品が届くのに1週間くらい掛かるのが普通のようです。 宅配業者にとっては一年で一番忙しい期間。 本当に急ぎで欲しいものは、この時期を避けて買うのが当たり前になっているみたいです(笑



[PR]
by champlus | 2018-11-11 01:37 | 中国 (32) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus