人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:寝言 (176) New( 176 )

■微妙な差

2024年頃から紙幣が刷新されるということで、肖像画やデザインには賛否あるかと思いますが、流通してしまったら我々にはどうすることもできないので諦める(笑)として、今回は大きさについて少し考えてみたいと思います。


日本のTV番組などを見ていると、とにかく

「世界(他国)と比べて日本の紙幣は大きすぎる」

という話が出て来るのが気になりましてね。「それほど大きいのかな?」と。

d0120933_00271080.jpg
(人民元とは微妙な僅差)

で、ちょいと調べてみました。 『高額紙幣=大きい』というのが一般的のようなので、各国で使われている高額紙幣の大きさを、ザッと書き出してみます。

・日本 1万円札 76mm x 160mm (新1万円札も同じ大きさになる予定)
・米国 100ドル札 66mm x 156mm
・中国 100人民元札 77mm x 156mm
・ユーロ 500ユーロ札 82mm x 160mm(現在は流通していないようです)
・ユーロ 100ユーロ札 82mm x 147mm
・ニュージーランド 100ドル札 74mm x 155mm
・シンガポール 10000シンガポールドル札 90mm x 180mm
・タイ 1000バーツ札 72mm x 162mm
・フィンランド 1000クローネ札 127mm x 216mm
・スウェーデン 1000クローナ札 121mm x 210mm


そこまで極端に日本の1万円札が大きいというわけでもなさそうですね。 この程度の差で大げさな文句を言っていたコメンテーターの方々は、普段は米ドル、もしくはカードで生活をしているのでしょうか?

もしキャッシュレスな生活をしているのなら、財布に入れづらいとか、必然的に財布が大きくなるから厄介という類の文句を言っていたけど、それは変な話ですよね。

なにしろ「日本の話」なわけですから。 外国人旅行客が文句を言ってるなら理解出来ますけど(笑

by champlus | 2019-04-20 00:36 | 寝言 (176) New | Comments(0)

■うあちちち

なんだろな~

暑いな~

イヤだなぁ~

と思ったら、昨日は最高気温が31℃でした。
d0120933_07483676.jpg
(新しいスマホは日本語表示可(笑)


夏が来た (・∀・)

by champlus | 2019-04-19 07:50 | 寝言 (176) New | Comments(0)

■ウルトラマンタイガ

「ウルトラマンR/B」の放送が終わって約4ヶ月。そのあと劇場版も公開されました。

そして昨日、待望の新作発表。その名は

「ウルトラマンタイガ」

d0120933_00054622.jpg
(ティガ? いえ「タイガ」です)

画像を見て頂いてわかる通り、タイガはタロウの息子です。 セブンの息子がゼロ、ベリアルの息子がジード、そして今回はタロウの息子が登場。

次男と2人で「次はレオの息子が出て来てゼロに技を教わる」とか予想していたのですが、微妙に外しました(笑 (セブンの弟子がレオで、レオの弟子はセブンの息子であるゼロ)


7月6日から放送開始ということで、今年のウルトラマンフェスティバルでも主役を張ることになると思います。楽しみですね (・∀・)

by champlus | 2019-04-19 00:09 | 寝言 (176) New | Comments(0)

■キターー!

こういう商品を見ると、いつも思うことがあるのです。 例えば今回のムヒHD。

d0120933_13092035.jpg

しみるタイプを好んで買う人がいるのだろうか、、、と。

そこで考えてみました。もしかしたら値段が違うのかな?
d0120933_13093080.jpg
(マツモトキヨシ オンラインショップ)

どうやら価格も容量も同じみたいです。


では何が違うのか。

池田模範堂の公式サイトで調べてみたところ、違いは「清涼感」でした。

しみるタイプは使用するとヒンヤリするみたいです。 でも痛い(笑
しみないタイプは「おこさまにも」とあったので、しみるのを嫌がる人向けのようです。


こういった細かい部分にまで、消費者に対して気配りが出来る日本の薬。
道理で外国人観光客が日本の薬局やドラッグストアで大量に買い物をするわけだ、、と納得。



そう言えば、お土産でよく頼まれるのは「ヒンヤリする目薬」でした。 あれも言い方は変ですが、少し痛いけどサッパリしますよね。 中国のドラッグストアでは見掛けたことがないので、もしかしたら日本独特の物なのかも、、。


自分もヒンヤリする目薬(サンテFX)を愛用していますが、目薬を差すたびに頭の中で「目が、、目がぁ、、」と、ムスカ大佐がオロオロしています(笑

by champlus | 2019-04-18 13:16 | 寝言 (176) New | Comments(0)

■一路走好

■「ルパン三世」のモンキー・パンチさん死去、中国ネットに哀悼のろうそく続々

 レコチャ

2019年4月17日、「ルパン三世」で知られる漫画家モンキー・パンチさん(81)の訃報が中国にも伝えられた。中国のネットユーザーの間に悲しみが広がっている。

公式ウェブサイトによると、モンキー・パンチさんは今月11日、肺炎のため死去した。新浪娯楽の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは日本メディアの報道を引用し、「国民的漫画・アニメ『ルパン三世』の原作者が死去。同作品は1967年8月に連載が始まり、その後、アニメやゲーム、実写映画などになった。ご冥福をお祈りいたします」とツイート。他のアカウントも同氏の訃報を伝えており、中国のネットユーザーからは哀悼の意を示すろうそくのイラストが続々と寄せられている。

また、「『ルパン三世』は大好きな作品。とってもつらい」という書き込みの他、「お疲れさまでした。後のことはルパンに任せてゆっくり休んでください」「どうぞ安らかに」「永遠にルパンを愛しています」「ルパンを生み出してくれたことに感謝しています」「たくさんの人が、先生が紡いだストーリーを記憶しているはずです」などのメッセージも見られた。

(翻訳・編集/野谷) 2019年4月17日 14:20


/////////////////////////////////////////////////////


今朝から中国の掲示板などを見ていて、かなりの数の書き込みなどがあり、やはり中国でも「ルパン三世」は人気が高かったんだなぁ、、と実感しました。

掲示板には「一路走好(安らかにお眠りください)」のコメントと一緒に ロウソクや花束のアイコンが多く見受けられ、皆さんのルパンに対する思い出話などが書き込まれていました。


原作とアニメは別物、、なんて話もありますが、原作に近いアニメも作られていましたし、それだけバリエーションがあるというのは、素晴らしい素材や世界観そして個性的なキャラクターたちを創ってくださった、原作者モンキー・パンチ先生の偉業によるものだと思います。

d0120933_15363373.jpg

自分も子供の頃からルパン三世を見て育っていたので、何度か仕事でルパンを描かせて頂いた時は

「おいおい、俺はそんな動きしないぜ(脳内再生の声・山田康雄さん)」

と絵が語りかけてくるようで、非常に緊張すると同時に描いていてとても楽しかった思い出があります。


ちなみに、中国語でルパン三世は「鲁邦三世」で、原作者のモンキー・パンチ先生は、猿を殴るとか猿を叩くとか、そういう名前に意訳されているかと思いきや、ストレートに「Monkey Punch」でした(笑 どうしても漢字で表記したい場合は、本名の「加藤一彦」としているようです。



モンキー・パンチ先生。 素晴らしい作品を、ありがとうございました。



by champlus | 2019-04-17 15:41 | 寝言 (176) New | Comments(2)
■日本で和服を着ているアジア人は中国人? なぜ日本人は和服を着ないのか
 サーチナ

日本の伝統文化である着物。元はと言えば唐の時代の影響を受けているとされるが、今ではすっかり日本を代表する文化の1つとなっている。愛国主義の強い中国では、今年も桜の名所・武漢大学で着物に似た服を着用していた男性が警備員から入場を阻止される問題が起きたが、それだけ中国でも着物に対する関心は高い。中国メディアの捜狐は12日、日本の街で着物を着ているのはほとんどが中国人であると紹介する記事を掲載した。

中国には56の民族があるとされ、雲南省などには多くの少数民族がいるため、旅行者が地元の人びとの民族衣装を着て記念撮影するのは普通のことだ。記事は、日本に旅行に来た多くの中国人が、着物や浴衣で記念写真を撮るのも同じ心理であると紹介、日本旅行の記念に着物を着てみることには理解を示した。

確かに、京都などでは着物姿をよく見かけるが、その多くが外国人旅行者、特に中国人旅行者だという。なぜ外国人旅行者ばかり着物を着て、日本人はあまり着ないのだろうか。記事は、着物は普段着としては「高価」で、「着るのが面倒」だからと説明している。

記事は、着物は高価のため、お金持ちのマダムが着るもので、若者であれば夏のイベントに浴衣を着る程度だと分析。浴衣なら、着脱が簡単で美しく、祭りやデートにぴったりだからだ。さらに、若者を中心に「正しい着付けが分からない」というのも着物離れの理由の1つであるとも伝えた。実際、和装の着付けは洋服よりずっと複雑だ。着物に詳しくない人にとっては、敷居の高い気後れのする部分があるのかもしれない。

伝統的な民族衣装でありながら、日本人自身はほとんど着ないというのは残念なことではある。今は多くの国で洋服が浸透しており、普段使いで民族衣装を着るという地域は少なくなっているだろうが、着物の大きな問題点は多くの人が自分だけでは着られないところにある。日本のこの美しい伝統衣装が、日本人にも多く使用されるようになることを願うばかりだ。

(編集担当:村山健二)2019年4月15日 09:12


/////////////////////////////////////////////////////////
d0120933_09213073.jpg
(可愛いやら色っぽいやら)

昨年8月に帰国した時、いくつか関東圏の「観光地」と呼ばれる場所(浅草や鎌倉など)に行ってみたのですが、確かに浴衣を着ているのは中国語を話す方々でしたね。 軽いコスプレ(猫耳など)をしたり、セーラー服を着ている人たちも広東語を含めた中国語を喋っていました。

中国にいると軽いコスプレをしている女性は度々見掛けます。特にセーラー服を来た若い女性を目にする機会は多いです。でも浴衣(または和服)を着ている人は、まず見掛けません。 仮に浴衣を着て街を歩いていたら「タカアンドトシ」の「欧米か!」に匹敵するレベルで「親日か!」とツッコミが入るでしょう(笑

「可愛いから浴衣を着てみたい」

そう思っても中国では現実的に難しいことなので「日本に行って浴衣を着て街を歩いてみたい」という目的を持って訪れる中国人も少なくないようです。 で、それを実現している方々が日本の観光地に溢れているわけですね。


個人的に、そういう方々には

「日本にいる間だけでも、誰に気兼ねすることなく心から日本を楽しんで頂きたい」

そう思う次第です。


浴衣を着て聞き取れない言葉を話しているグループがいたら、たぶんそういう中国の方々だと思いますので優しく接してあげて下さい。 少なくとも日本が嫌いな人たちではないと思います。 どちらかと言うと味方ですから(笑

by champlus | 2019-04-16 09:33 | 寝言 (176) New | Comments(0)

■サッカー台

■電気屋で必死に「ノー」と言ってくる日本の店員に、誠意と責任感を覚えた
 サーチナ

中国メディア・東方網は10日、日本を訪れた中国人が「日本人ってすごいな」と感じた点を紹介する記事を掲載した。

記事はまず、電子製品やサブカルチャーの聖地として中国の若者にも人気がある東京・秋葉原の店でのエピソードを紹介した。店内でデジタル製品を買おうとしたところ、店員がやって来て何か慌てた様子で説明し始め、こちらが日本語ができないと見るや英語のできる店員を呼んで来たという。店員は「この製品は日本でしか使えません」ということを一生懸命伝えようとしていたとのこと。「この何の変哲もない店員が見せてくれた親切さに、この国の人びとの真摯さや責任感を感じた」と記事は伝えている。

続いては、日本の母親のまじめさ、善良さ、強さについて言及。お世話になった日本人のお母さんは、毎日午前5時に起床し、子どもたちのために朝食とお弁当を作るほか、部屋の掃除や洗濯をこなすとしたほか、夜に家族が返ってくると晩御飯の用意や後片付けをするとともに、洗濯し終わった衣服をきれいに畳んでそれぞれのベッドに置くのだと説明した。そして「このお母さんはこれらのことを文句ひとつ言わずにこなしたうえで、さらにたまにお父さんの晩酌に付き合ったりするのである」と紹介した。

さらに、日本のスーパーで会計後に商品を袋に詰めるサッカー台について紹介。「各台にはそれぞれ、湿らせたきれいな布巾が置かれている。これは、お客さんがビニール袋を開けやすくするためのものなのだ」とし、このような小さな部分にも日本人の気配りや周到さが感じられるとした。

(編集担当:今関忠馬)2019年4月12日 11:12


///////////////////////////////////////////////////


1つ目、2つ目のエピソードは正直どうでも良い(笑)のですが、3つ目について。

「サッカー台」

なんですが、日本のスーパーなどでは当たり前になっている会計後の商品を袋に詰める台。いわゆるサッカー台を中国で見掛けることは滅多にありません。
d0120933_23495540.jpg
(こういう場所が中国のスーパーにはありません)

店員は商品をスキャナーに通して金銭のやりとりをするだけなので、袋に商品を詰めることは有りません。まぁ、そこは日本のスーパーもほぼ同じですよね。 

問題はそのあと。

会計時にカゴを持って行かれてしまうため、その場で急いで袋に詰めるわけですが、とにかくスペースがないので一苦労。 更に次の客の商品がスキャンされてバンバン流れてくるので、もたもたしていたらエライコトになります。

店員は機械のように商品をスキャンして流し、スキャンして流し、、を繰り返します。前の客が袋に詰めているとかは関係ありません。 会計後の客は「カネを払ったんだからすぐ出て行け」という感じで邪魔者扱いされます。

老人や子連れのママさんなど、見ていると本当に大変そうです。 でも、それが中国では当たり前なので仕方ないのかもしれませんね。


日本に帰る度に「やっぱり日本のスーパーは良いなぁ~」と泣きそうになります。

一事が万事この調子なので、日本に住んでいる皆さんには実感がないかもしれませんが、中国人が日本に何度も旅行に行きたがるのも理解出来たりするわけです。
by champlus | 2019-04-12 23:55 | 寝言 (176) New | Comments(2)

■時差ギリギリ

「朝、退社の前に日記を書こう」
「昼、一旦起きて日記を書こう」
「夕方、出社前に日記を書こう」
「仕事が一区切りしたら日記を書こう」

と思いつつ、区切りのないまま日が変わってしまうことが今まで何度かあったのだけど、そこで怖いのが

「時差」

日本の方が1時間早いため、中国時間23時の時点で日本は既に翌日になっていたりするわけです。

今日はギリギリなんとか間に合いましたね(笑


特に内容のない日記ではありますが、数か月、数年して読み返した時に

「あぁ、、あの時は馬鹿みたいに忙しかったんだよな」

と思い出せたら良いかな、、と。



画像がないのも寂しいので、こちらで売られている珍しいものをひとつ御紹介。
d0120933_23375876.jpg
(焼きそばUFO「日本式たこやき味」)

「仕事の波が落ち着いたら、ご褒美として食べよう」

と思い 食べずに取ってあるのだけど、購入してから3週間。 そろそろ食べたいなぁ、、。 

by champlus | 2019-04-10 23:46 | 寝言 (176) New | Comments(3)

■「1vs1」の恐怖

頂き物の「黑芝麻糖」を食べたところ、歯が欠けました。
d0120933_14105193.jpg
(ほぼ甘い胡麻味の「岩」)

胡麻を思いっきり圧縮して砂糖で固めたものなのですが、おそらくダイヤモンドと同じくらい硬い(嘘)ので、八重歯の一部(裏側)を持って行かれた次第です。 味は美味しいんですけどね、、でも情け容赦ない硬さは中年男性にとって命取りでした。

そんなわけで放置しておくわけにも行かず、しかたなく歯医者へ、、。


中国に来て以降、何が怖いかって、とにかく「1vs1」に置かれる環境なんですよね。

最初は電話でした。 当然ながら声しか聞こえないので、相手の表情が判らず温度差をしくじりました。 聞き取れない単語が2~3個入ってくると、もはや会話として成り立たず何度となく窮地に追い込まれたものです。 向こうもこちらの表情が判らないもんだからガンガン話してくるんですよね。こっちは困り果てて泣き顔だったりするのですが(笑

次は床屋。 何しろ逃げ場がないわけですよ。鏡を通してガン見で話し掛けてくるじゃないですか。 知らない言葉とか聞きなれない専門用語なんかが入ってくると本来はそこで会話終了なんですが、無言を貫くわけにも行かず「愛想笑い」と「タイミング重視の相づち」で乗り切ろうとします。 でもこちらの相づちが絶妙のタイミングだったりして店員がノッてくるわけですよ。 そうすると話が止まらなくなるので、更に相づちで逃げ切ろうとすると突然「でしょ? どう思う?」とか切り込んで来たり(TT

今でこそ、ほぼ会話に支障はなくなりましたが、以前は本当に「1vs1」が怖くて怖くて。


そして今回は難易度が最も高いであろう「病院」

「で、どうしました?」

から始まる質疑応答は、証人喚問にも似たレベルで緊張します。

今までにも眼科、内科、外科、耳鼻科、小児科(子供の予防接種など)産婦人科(嫁の出産時)と、何度も病院には行っているのですが、やはり慣れません。 毎回ド緊張状態です。


そんなこんなで今回は4回通って歯の修復を終えました。「保険が利かねぇ!というか外国人だから保険対象外!」と病院に行く度に思うものの、今回の歯の治療も総額で4500円ほどだったし「まぁ、良いか」ということで毎回落ち着きます。



それにしても恐るべきは「黑芝麻糖」の硬さよ。 
by champlus | 2019-04-09 14:16 | 寝言 (176) New | Comments(2)

■温度差が怖い

「はぁ?ニュースとか見てないんですか?」

以前 mixiで、ちょっとした事件に対して「被害に遭った方は気の毒だけど、加害者の気持ちも少しわからんでもない」みたいなことを書いた時に、複数の方から頂いた前記のような御意見(笑)が少しトラウマになっています。 前後の報道や mixiが転載している記事に書かれていない中に、いろいろと重要な情報が有ったそうで。

そういうこと(〇〇を見てないんですか?)を言うなら「海外在住」「中国在住」と書いている自分のプロフィールも少し見て、そして察して欲しかった、、。


「いきなり何を言い出したんだ?」 と思われるかもしれませんが予防線です(笑


こういう件は日本の報道との温度差が出るので、普段あまり触れないようにしているのだけど、断片的な情報を見聞きした中で自分が思ったことを書いておこうと思います。

勝海麻衣さんの件です。 正直、今回の件がなければ

「誰?」

だったと思います。

////////////////////////////////////////


銭湯絵師見習いで盗作疑惑の渦中にあるモデルの勝海麻衣氏(24=東京芸術大学大学院1年)に業界内外から厳しい目が向けられている。

勝海氏は大正製薬の新炭酸飲料「RAIZIN」のイベントで、イラストレーターの猫将軍氏が描いた虎の絵を模倣したとされる。さらに、複数の作品でも盗作を疑われている。


////////////////////////////////////////


記事に対しての掲示板には、

「盗作を素直に認めていない」
「謝罪が謝罪になっていない」

なんて意見が書き込まれていましたが、作品を見ると確かに盗作だと思います。

でも バレバレなんですよね。 もう少し似ないように描くとか、色を変えるなんてことも出来ただろうに、そのままド直球で模写をしている。 RAIZINの虎のイラストでは猫将軍さんが描いた元絵を忠実に再現しようとするあまり、勝海さん本人も何だか判らないまま描いているであろう部分が見受けられました。 虎の左後脚(元絵は前脚)とか雲に隠れた部分など。

また、少しオリジナル性を足そうとしたのか、本来は「阿吽」の絵を「阿阿」にしてしまっているのを見て「攻めたな」と思いました(笑

ある意味で不器用なのかな、、、と。


学生さんが習作として「良い」「好き」と思ったものを真似て描くのはアリですよね。 絵を描く人は皆そうやって勉強を始めただろうし、そのあと それを屋台骨として個性やセンスを付加し、自分のオリジナルを生み出していくのが一般的(天才は別として)だと思います。

彼女の描く絵は まだその途中で、個性が生まれる前の段階なのでしょう。 まだ半熟の凡才をチヤホヤしてしまった周囲の大人たちにも問題はあると思いますが、、って、また、こういう擁護的なことを書くと叩かれそうなので、これ以上は黙っておきます(笑


今回の問題は「模写です」「習作です」と自ら申告しなかったこと。そして盗作を指摘されたあとも「模写でした」とは認めずに、黙って作品をインスタから削除したことなどだと思います。


自分が見た記事では「トレース」と指摘されていましたが、トレース(下絵を重ねて上からなぞる)という表現は適切ではないと思います。 

d0120933_10034555.jpg
(左利き独特の絵のズレが生じています)

並べてみると判りますが、トレースではありませんね。


学生さんの習作としては及第点だと思います。 でもこれを仕事として行くには、まだまだこれからだと思います。 まだ24歳ということですし、今後に期待しましょうか(^^

by champlus | 2019-04-07 10:22 | 寝言 (176) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus