人気ブログランキング |

Champlus 寝言発信基地 (復活)

champlus.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■汁なし

会社近くの、ちょくちょく通っている日本雑貨屋。その名も「万屋」(笑

日本から持ち込むのは少し厄介(大きい、重い、かさばる物など)だな、、と思うものを この店で度々買っているのだけど、インスタントラーメンとカップ麺は行く度にラインナップが変わってるので「今日は何が入ってるかな?」と楽しみにしています。
d0120933_10384292.jpg
で、先日入荷されていたのが画像の「どん兵衛」です。初めて見るものだったので「牛すき風うどん」というフレーズにもそそられて購入したのですが、あとできちんと見てみたら「汁なし」という文言が。 


し、、汁なし? (・∀・;)


うどんなのに湯切り口まで有りました。もはや焼きそば感覚(笑 購入前に想像していたのは「すき焼きの最後をうどんで〆る」感じでしたが、こうなってくると「焼うどん」的なものに近いのかな、、と。

まだ食べてないので何とも言えませんが、どん兵衛で汁なしのうどんが出ているとは知りませんでした。


それと「卵をのせるとおいしさUP!」というワード。中国の卵を生で食べたらエライコトになります。

恐ろしい殺し文句です(笑

by champlus | 2019-01-31 10:43 | 寝言 (214) New | Comments(0)

■中国の歩道は駐車場

以前の日記(自宅前の渋滞)(車だらけ)にも書いていますが、自宅前の違法駐車は相変わらずです。 

d0120933_10160259.jpg

少し変わったことと言えば、この道路は細い割に交通量が多く、駐車違反でキップを切ったりしている余裕はないため、昼間(夜間は違法駐車し放題)は発見次第レッカーで持って行かれるようになりました。

「この辺りは昼間、路上に停めているとレッカーで持って行かれる」

ということが周知されたようで、その結果、歩道に乗り上げて停める車の数が増えると言う、日本では考えられない状況に(^^;


前にも書きましたが、中国では路上と歩道は管理の管轄が違うため、歩道に乗り上げて停めていれば駐車違反でキップを切られることも、レッカー移動されることもありません。 個人的には歩道に乗り上げて停めている方が違法性が高いと思うのですが、中国では問題にならないようです。

画像には7台の乗用車が写っていますが、7台とも違法駐車中です。そのうち6台は歩道に乗り上げているため、歩行者は車道を歩かざるを得ません。 



まだまだ増え続ける中国の自家用車。 この先どうするつもりなんですかね、、、。

by champlus | 2019-01-30 10:18 | 中国 (89) New | Comments(0)

■新しいスマホで

「日本」と入力したら予測変換で「邪悪」と出る始末。

d0120933_13281046.jpg


これだから中国は面白い(笑



by champlus | 2019-01-29 13:35 | 寝言 (214) New | Comments(0)

■なぜ帰って来た?

先日「悪い方のニセウルトラマン」という日記を書きましたが、なぜこのタイミングで偽者の新作ゲームが出たのかと少し気になって調べてみたら、今月18日から劇場版の新作「钢铁飞龍之奥特曼崛起」(ドラゴンフォース 立ち上がれウルトラマン)を公開していたようです(^^;
d0120933_14150695.jpg
前作「钢铁飞龙之再见奥特曼」(ドラゴンフォース さようならウルトラマン)で散々叩かれて、中国国内での作品評価もレビューの88%が★1を付けるような惨状だったにも関わらず続編を公開するとは、、さらに前作の権利関係で10日から裁判が始まったばかりなのに、18日から新作の公開とか、、。


今回の映画公開に先立って行われた発表会では、その作品内容よりも

正版(本物)
合法(違法ではない)
授権(権利を受けている)

という3つを強調していたようです。


過去の作品における「利用権」に関しては権利関係でゴタゴタしているようですが、ウルトラマンの著作権自体は円谷に有るので新作などを勝手に作ることは出来ないところを、あえて権利を曲解する形で新作を作り続けると言う厚顔無恥。 しかもあと4本作る気でいるようですし。


中国国内からも「盗版(にせもの)」と言う声が出ているのに、それでも新作を作り続けなくてはならない理由とは何なのでしょうか。自分にはイマイチ理解出来ません。

by champlus | 2019-01-28 15:00 | 中国 (89) New | Comments(0)

■そこまでしなくても

「クラッシュ オブ クラン」(以下クラクラ)をプレイしていて、新たに気付いたことがありました。
d0120933_12025660.jpg
以前「悪の秘密結社グリー(笑)のせいで、クラクラのレイアウトエディタが使えなくなった」という日記を書きましたが、先日スマホを新しいものにして発見がありました。

以前使っていたスマホは言語が中国語か英語しか選択出来ず、日本語は表示されなかったのですが、新しいスマホは日本語に言語設定が出来るため「こりゃ便利!(・∀・)」と思い さっそく日本語に設定しました。


すると、クラクラで再びレイアウトエディタが使えなくなったのです。察するに、

・日本IPでのネット接続。
・ゲーム内の言語設定が日本語。
・スマホの言語設定が日本語。

このいずれかが当てはまる場合は、クラクラにおいてレイアウトエディタが使えなくなるようです。

d0120933_12030814.jpg
一番上のアイコンがレイアウトエディタ。これが使えないとクラクラをプレイする上で致命的(TT


逆に言えば、この3つに当てはまらなければ問題ないのでしょうけど、日本国内でプレイしている場合には難しいですよね(^^;



この問題。早く解決しないかなぁ、、、。

by champlus | 2019-01-28 12:09 | ゲームその他 (28) New | Comments(0)

■夏の思い出

スカイツリー!! (/・ω・)/ どーーん!!

d0120933_12201752.jpg


日本の夏も暑かったなぁ、、。

日本は外国人(特に中国系)が多かったなぁ、、。

d0120933_12242790.jpg


特にココは中国系の方々しか(笑




by champlus | 2019-01-27 12:28 | 寝言 (214) New | Comments(0)

■難しい問題

■アニメ会社「リテイクが直らなかったら50%減額」 その発注書大丈夫? 
 アニメ会社、日本動画協会、JAniCAに聞いた 2019年01月26日 11時00分 [福田瑠千代,ねとらぼ]
 http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/26/news010.html

2018年11月、あるアニメ制作会社(以下、A社)の、アニメーターへの発注書がTwitterに投稿され注目を集めました。

d0120933_13245266.jpg
取材の中で入手した実際の発注書


そこに書かれていたのは、「(原画が)リテイクを経ても評価が変わらない場合、発注時提示価格から-50%の支払い」「納期超過した場合48時間経過で-5% 以後24時間ごとに5%ずつ減額し、累積で25%まで減額」など、クオリティーや締め切りに対する厳格な内容でした。


これに対しTwitterでは賛否が巻き起こります。「スケジュールを管理する立場からするとこれくらい厳しくても良い」と発注書の文面に賛同する意見もある一方で、「下請法に抵触するのではないか?」という意見も。


納品物のクオリティーや、納期超過へのペナルティーについてこれほど厳密に定めた発注書は珍しいため、ねとらぼ編集部ではその意図や効果についてA社に取材を申し込みました。


合わせて、「下請法上問題はないのか?」という疑問もあったため、その適法性について、アニメ制作等に詳しいB弁護士、業界団体の日本動画協会と日本アニメーター・演出協会(JAniCA)にそれぞれの見解を聞きました。


結論からいうと、「下請法違反とは断定できない」「ただし一考の余地あり」というのが実際のところのようです。


--中略--


「現状に一石投じる」側面も?


JAniCAによると、近年アニメーターの不足などから、「水準に達していない原画上がりをスケジュールなどの理由からリテイクとせず、メインスタッフで全面修正するが、使われなかった原画を上げた原画マンには満額が支払われる」ケースが見られるとのこと。


腕が伴わないにもかかわらず「描き散らす」ことで多くの収入を得るアニメーターがいる一方で、腕の良いアニメーターが他人の修正に追われ、ほとんど全てを描き直した当人が、修正前のカットを担当した人よりも少ない対価しか得ることができない不合理な状況が生じているといいます。


A社から発注書の意図についてコメントを得られていないため、JAniCA側の推察という形にはなりますが、過激とも取れる発注書の文面にこうした現状を改善しようと試みる意図を読み取るのは自然であると感じました。


とはいえB弁護士やJAniCAも指摘したように、ともすれば一方的に減額ができてしまう文面には疑問が残ります。また、そもそも原画を「描き散らす」アニメーターがいたとして、そうした作業者に発注せざるを得ないスケジュール体制や、それを助長している業界構造が問題の根本であるように思えます。


JAniCA側は加えて、アニメ制作の取引を巡り、2018年秋以降総務省や経産省、厚生労働省など、官邸を中心に公的な取組が進められている取り組みを紹介。今後は「事実に基づき、より多くの関係者が参加して、建設的な議論の上に取組の進められることを期待しております」ともコメントしています。



-----------------------------------------------------------------



〆のコメントにも書かれていますが「描き散らす」アニメーターに発注せざるを得ない状況は確かに存在すると思います。 この件に関して自分は作画側の人間ですが、A社さんの考え方に賛同します。


昨今はクオリティの低い原画を上げてくるアニメーターのせいで、腕の良いアニメーターが割を食っているのが現状です。 スケジュールがないから、、という理由でクオリティを下げてくる原画マンは、時間が有ってもクオリティの低い原画を上げてくるか、時間のあるうちはダラダラ作業をしたりする人が多い気がします(^^; 時間がないということで言えば、そのあと修正作業をする人間は更に時間がないわけですから、、。



まぁ、そもそものスケジュールがないというのも問題なんですけどね。 時間があれば良い作品が出来るというわけでは有りませんが、時間がなければ必然的に全体の質や内容のハードルを下げなくてはならず、その延長線上で「作画崩壊」が起こったりするわけです。


最近では「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」辺りが凄かったですよね。 作画の質もそうですが、作監が何人もいたり、放送を延期したり、、よほどヤバイ状況だったのでしょう(^^;



この記事を読み終えて考えたのですが、もし作打ち後に「この内容では納期に間に合わないので、カット数を減らして下さい」と言ったら対応してくれるのかなぁ、、、と思ったり。 A社さんの考え方には賛同しますが、納期のことも減額の対象になる以上 そういう相談にも対応する義務があるでしょうし、それにA社も予定として伝えたスケジュールは守るべきだと思うのです。 拘束されていない限り、フリーの原画マンは他社の作品も同時進行で請けているでしょうから、


「まだコンテが出ないので打ち合わせが遅れます」

「そのキャラ、まだ設定が出てないんですよね」

「LO戻しが週末じゃなくて週明けになります」


とか、そういう事態になった場合に原画マンの報酬が上がるなら良いのですが。




ところで、A社ってどこ?(^^;


by champlus | 2019-01-26 14:11 | 寝言 (214) New | Comments(0)

■もういくつねると

旧正月(春节 、过年)まで10日となりました。 今回は2月5日が初一(元日)になります。 毎年変わるからややこしいんですけどね(^^;

ちなみに、2020年の旧正月は1月25日になります。
d0120933_11333094.jpg
その影響で1月23~25日から2月17日まで学校は冬休みです。 この時期に頭が痛いのは、親御さんの休みより子供たちの休みの始まりが早いことのようです。 普段は子供を学校に送ってから出勤、子供が下校する前に退社して子供と一緒に帰宅する、もしくは祖父か祖母が送り迎えをして孫の世話をする、、という家庭が一般的です。

祖父や祖母がいてくれれば良いのですが、最近は一緒に住まない家族も増えてきたようで、それがこういう時期に問題になるんですよね。両親が働きに出ていれば昼間は子供が一人になってしまうわけで、、まぁ、そういう意味では夏休みなんかも大変みたいですけど(^^;

うちの会社は希望すれば自宅での作業も可能(女性限定。当社は男性差別をしています(笑)なので、そういった影響は少ないのですが、普通の企業やパートで勤めている親御さんたちは大変だなぁ、、、と。


だから中国では「塾」が大人気なのでしょうね。 土日休日の朝8時から夜7時まで、、とか、子供を預かりつつ勉強を教えるという、日本とは少し違った形の塾が多くなってきているような気がします。もちろん食事も出ます。 昼間、子供を一人で家に残しておけないので塾に預けてから出勤するという流れですね。

平日も送迎だけ担当する業者がいたりします。朝は子供を親御さんが学校まで送り、下校時は業者に任せておいて、あとで親御さんが業者まで迎えに行く形です。 そうでないと小学校などは午後3~4時が下校時間なので、間に合わないんですよね。


ニーズに合わせて、いろんな商売が出来るものだなぁ、、と関心しています。

by champlus | 2019-01-26 11:36 | 中国 (89) New | Comments(0)

■新車 (・∀・)

先月(去年12月)車を買いました。
d0120933_11121458.jpg
車種は「HAVAL(哈弗)F7」 昨年11月に発売が開始されたものです。 色はレッドかメタルグレーが良かったのですが、納車まで2ヶ月掛かる(HAVALは基本色がホワイト)ということだったので、すぐ受け取れるホワイトを購入しました。 価格はオプション(背面カメラやドライブレコーダー等)含め日本円で約230万円ほど。3年ローンを組みました(笑

晴れたら写真を、、晴れたら写真を、、と思いつつ、およそ1ヶ月。どれだけ天気が悪いのかと。 せっかく晴れても徹夜作業の後で爆睡したりしていたので、なかなか撮影の機会に恵まれませんでした(笑

d0120933_11122470.jpg
HAVALは以前から気になっていたブランドで、デザインが気に入っていました。 親会社である長城汽車はピックアップトラックなどを手掛けている中国を代表するメーカーなのですが、そちらはとにかくデザインがダサすぎて(^^;

そんな中で外国人デザイナーを取り入れて、SUVに特化したブランドを立ち上げたのがHAVALです。HAVALのデザインディレクターには日産のデザイナーだった日本人も入っています。

まぁ、そういう細かいことを知ったのは、この車を購入した後なんですけどね(^^


デザインもそうですが自分が購入の決め手にしたのは、この車、話しかけると応じてくれるんですよ(笑

「サンルーフ開けて」と言えば「わかりました」と答え「OK」というまで天窓が にゅ~っと開き、「〇〇の△△を掛けて」と言えば曲が掛かります(ネット接続でQQ音楽から楽曲をDL(保存は不可)することも出来るので、ほぼ何でも再生可能です) 会話でナビの入力も出来ますし、電話を掛ける時も話しかければ応じてくれます。 もちろん中国語は必須になりますけど(^^;

そういう未来感(笑)が気に入って購入しました。


以前は日産のLIVINA(中国とブラジルで展開していた車種で日本未発売)に乗っていました。 子供たちが小さいうちはそれで良かったのですが、さすがに長男(12歳)の身長が175cmを超えたのと、中国では6年目以降は車検が厄介になるので、これを機に買い換えました。


お仕事 頑張らねば(笑

by champlus | 2019-01-25 11:18 | 寝言 (214) New | Comments(0)

■ウルトラマンセブン?

中国版のカードダスを見ていて気になったのですが、
d0120933_11383205.jpg
・奥特曼 ウルトラマン
・佐菲 ゾフィー
・杰克奥特曼 ジャックウルトラマン(帰って来たウルトラマン)
・赛文奥特曼 セブンウルトラマン


セブン、、ウルトラ、マン?


・・・ (・∀・) マン?


セブンは「ウルトラセブン」でしょうが!! 


ゾフィーが呼び捨てなのはわかるんですよ。ウルトラマンゾフィーじゃなくて「ゾフィー」表記なのは日本版のカードでも同様なので。 ただ、中国だとセブンは、、ウルトラマンセブンなの? 公式なのに?


今まで気付かなかったな、、。

by champlus | 2019-01-24 11:39 | 寝言 (214) New | Comments(0)

中華人民共和国在住の日本人ダメ絵描きです(・∀・)


by champlus